■キーンランドCを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角6番手以内。14年&15年は差し&追い込み勢が上位を占めたが、基本的にはダッシュ力は武器となる。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角6番手以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

短距離でも「後半」系のレース。過去3年は「後半」3位以上からの勝ち馬。函館で行われた年は「前半」◎も、2着には「後半」◎の馬。2012年のパドトロワのみが「後半」無印での勝利。前走でアイビスSD勝ち、今走「HB・前半」▲で、14頭頭立ての内枠。2~3着には「前半・後半」印で注以上の上位。前で残るのは厳しく、差し馬はカナリ有利な状況。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番モンドキャンノは今年2戦は距離が長く大敗。

レース特記=「掛り気味」「距離長」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mは新馬戦を勝って、函館2歳Sで2着。「ハイブリッド指数」を何処まで伸ばせるか。

「距離実績」=【1・1・0・0】
「ハイブリッド指数」=《62》

Photo_3

キャリアの浅い3歳馬だから、【直前情報】も参考にしたい。

札幌記念の【直前情報】
11
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

11番ソルヴェイグはヴィクトリアMで5着。

「ハイブリッド指数」=《67》
2_4

昨年のスプリンターズSで3着。ダッシュ力があるので、1200mが向く。

レース特記=「ダッシ○」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入り。この距離なら渋太く粘り込めてよい。

前後半5傑入り=11番ソルヴェイグ
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

10番シュウジの函館2歳Sは前半32.2秒は史上最速ラップ。

前半32.2秒
「コース実績」=【0・1・0・0】

4_3

昨年のキーンランドCではモレイラJとのコンビで2着。前走の大敗で見限るのは早い。

該当コース騎手成績
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

1番ブランボヌールは1200mは6戦3勝。

「距離実績」=【3・0・0・3】

2

前走は自身も前半32秒台と速く、控える形で見直せるか。

前半32秒台
5_3

8番エポワスは函館スプリントSで3着だが、展開が向いた面は大きい。9歳馬で勝ち切るまでは厳しいか。

レース特記=「展開向く」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番メイソンジュニアはデムーロJが騎乗。「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りなら押さえは必要か。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


2番イッテツは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。札幌では6戦して、馬券圏内を外していない。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇

「コース実績」=【3・1・0・0】
6_2

「ハイブリッド指数」的には混戦ムード。

「基準ハイブリッド指数」前後が多数
Konsenn
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Photo_29

<札幌11Rキーンランドカップの結果>
1着.8番エポワス     (12人気)
2着.11番ソルヴェイグ   (2人気)
3着.6番ナックビーナス  (5人気)