■ダービーを攻略するツボ■

大混戦ムードの今年の日本ダービー。皐月賞の7番アルアインが2冠達成のチャンス。

2

4番スワーヴリチャードが得意の東京コースで一変か。

4

18番アドミラブルが青葉賞の勝ち馬として初めてダービーを制するか。

1

それとも…。15時40分の数分後には結果が。

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→日本ダービーの【ハイブリッド新聞】はコチラから

近4年の勝ち馬はすべて上がり2位以内。最低でも上がり34秒台中盤をマークできなければ、勝ち負けには加われない。

近4年の勝ち馬は上がり2位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち時計も5年すべて2分23~24秒台と速い。昨年はディープ産駒が1~3着までを独占。過去5年で同産駒が3勝をあげており、高速決着&瞬発力勝負への対応力が求められる。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4年は「推定後半3ハロン」1位が4連勝中。近7年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」6番手以内に該当。フロックでは勝てないレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

18番アドミラブルは青葉賞で直線フラつきながらも、レースレコードで快勝。

レース内容
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】

一戦ごとに「ハイブリッド指数」は上昇して、前走は古馬オープン級のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《66》
4_4

時計勝負も、瞬発力勝負も問題ない。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中3週でデキがどうか。【直前情報】を参考にしたい。

青葉賞の【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

12番レイデオロは皐月賞で5着。年明け初戦で馬体に余裕があったか。

「馬体重」=484k(+8)
5_3

デビューから3戦で上がり最速、皐月賞では上がり2位をマーク。

4戦すべて上がり2位以内
6_3

「推定後半3ハロン」1位。直線の長い東京は向く。年明け2走目なら、前進があっても後退はない。

「推定後半3ハロン」1位=12番レイデオロ
T10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番アルアインは皐月賞をレコード勝ち。「ハイブリッド指数」=《66》は昨年に及ばずとも、例年並みの水準にはある。

「ハイブリッド指数」=《65》
7_2

5戦して敗れたのは不利を受けたシンザン記念のみ。皐月賞がフロックではない。

レース特記=「不利」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番スワーヴリチャードは皐月賞で伸び切れず。手前の替え方が巧くないので、右回りは向かない。

レース特記=「逆手前」「右回り×」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

その点、東京では2戦ともに上がり最速をマークして連対。得意のコースで前進が期待できる。

「コース実績」=【1・1・0・0】
上がり最速をマーク
9


「出遅れ率」は《80%》と断トツで高く、後方からのレースは想定しておいた方がよい。

「出遅れ率」=《80%》
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番サトノアーサーは毎日杯で7番アルアインの2着。デビュー4戦すべて上がり2位以内をマーク。

4戦すべて上がり2位以内
10

ラストは確実に伸びてくるタイプで、上がりの速い決着は得意。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」「終い確実」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番ペルシアンナイトは皐月賞で2着。

「ハイブリッド指数」=《64》
11

6戦して一度も3着を外していない安定感は高く評価できる。

「全成績」=【3・2・1・0】
12

13番カデナは皐月賞で伸び切れず9着。馬体が戻っていればチャンスはあるか。

「馬体重」=452k(-8)
14

15番ダイワキャグニーはプリンシパルSを快勝。4番スワーヴリチャードと同様、手前の関係上、左回りが得意。

レース特記=「手前替×」「右回り×」「左回り○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは3戦3勝。先行力があって、上がりも速い点は評価できる。

「コース実績」=【3・0・0・0】
15

1番ダンビュライトは皐月賞で3着。1勝馬で実績では見劣るが、最内枠なら上位争いは可能か。

「ハイブリッド指数」=《65》
「全成績」=【1・1・3・1】
16


昨年の日本ダービーはマカヒキがサトノダイヤモンドとのハナ差の接戦を制して第83回のダービー馬の座へ輝いた。このレースは本命馬(=「推定後半3ハロン」1位)が近6年で5勝。

10

「近代競馬=上がりの速い馬が強い」
を証明してくれたのが何より。毎年、この場に立ち会えるのは仕事冥利に尽きる。そして、結果も「1着」なら最高。

11

結果は → 成績新聞

2_4

<東京10R東京優駿の結果>
1着.12番レイデオロ    (2人気)
2着.4番スワーヴリチャード(3人気)
3着.18番アドミラブル   (1人気)