■阪神カップを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近4年の勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。あまり後方過ぎては差し届かないので、好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

近4年の勝ち馬は4角6番手以内
1_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB」系のレース。次順で「前半」で「後半」系の馬には非常に厳しい。1番人気が1頭しか3着以内に絡んでおらず、毎年のように大きく荒れる。10番枠より外枠の好走が多いのも特徴のひとつ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

7_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番イスラボニータは昨年の阪神カップで前後半5傑入りに該当して2着。

昨年の阪神カップ
3f_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

20万円超えの払い戻しに貢献してくれた。

★20万円超えの払い戻し★
5811
馬連 32.8×5000円=16万4000円
3連複 112.2×500円=5万6100円
購入3万4000円 払戻22万100円

詰めが甘いが、相手なりに走るタイプ。

「全成績」=【7・6・4・7】
2_9

マイルCSは他馬と接触するロスがあっての敗戦。

レース特記=「他馬接触」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走も「ハイブリッド指数」が《70》を超えているので、年齢的な衰えは感じられない。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_8

10番サングレーザーはマイルCSで3着と善戦。

「ハイブリッド指数」=《73》
4_6

常に上位の上がりをマークしている。

上位の上がりをマーク
5_6

1400mでは3戦3勝。1600mからの距離短縮は好材料。

「距離実績」=【3・0・0・0】
1_2

5番レーヌミノルもマイルCSで4着に善戦。

「ハイブリッド指数」=《71》
6_3

ローズS、秋華賞は距離が長かった。

レース特記=「距離長」

2_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入り。1400mなら上位の上がりを使える。

前後半5傑入り
2

7番モズアスコットはデビュー3戦目から4連勝でオープン入り。すべて「レースレベル」=《A》《S》は優秀。

「レースレベル」=《A》《S》
7_4

「推定後半3ハロン」1位。重賞でも瞬発力は見劣らない。

「推定後半3ハロン」1位=モズアスコット

11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

16番ミスエルテは秋初戦のスワンSが24kg増。春より馬体は成長している。

「馬体重」=470k(+24)

1

あとは精神面での成長が欲しい。

馬特記&レース特記=「落着ほし」

3_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

18番シャイニングレイはCBC賞以来の実戦。

「ハイブリッド指数」=《72》
8_2

能力は高いので、仕上がりがどうかが問題。【直前情報】も参考にしたい。

朝日杯FSの【直前情報】
Photo_36
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

17番シュウジはスプリンターズSは10着とはいえ、上がり最速をマーク。脚質転換がよいスパイスとなるかもしれない。

上がり最速をマーク
9_2

9番ビップライブリーは1400mでは3着を一度しか外していない。

「距離実績」=【3・5・1・1】
3

前走に引き続き、今回も「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りでデキはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中

結果は → 成績新聞

<阪神11R阪神カップの結果>
1着.2番イスラボニータ  (2人気)
2着.12番ダンスディレクター(7人気)
3着.10番サングレーザー  (3人気)