■函館スプリントSを攻略するツボ■

昨年は当週は阪神競馬場にてJRA主催の「競馬セミナー」

00_2

約30名の競馬ファンの方に「予想」「馬券の買い方」をレクチャーするというもの。

01_2

最初の9Rで馬連「2450円」、ワイド「880円」が1点で的中。

★3連単2万馬券★
369
馬連 24.5×1000円=2万4500円
ワイド 8.8×3000円=2万6400円
3連単 259.9×500円=12万9950円
購入2万円 払戻18万850円

そして、メーンの米子S、ユニコーンSが的中。

3611
馬連 6.6×6000円=3万9600円
馬単 21.9×3000円=6万5700円
購入1万9000円 払戻10万5300円

"単勝1倍台からの馬単は「2着固定」こそ妙味あり""今の時期は「降級馬」「3歳馬」だけ狙えばOK"というポイントが実戦に繋がるので、やはり馬券が当てやすい時期なのは間違いない。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

昨年は1分7秒8のレコード決着。土曜の1000万条件が1分7秒6のレコード決着だから、1分6秒台後半~7秒台前半の高速決着が予想される。

今年は1分6秒台後半~7秒台前半の高速決着か
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

2010~13年は3番手以内が勝利。それに対して近3年は「ハイブリッド指数」ノーマークが勝利している。近走のパフォーマンスより、洋芝の適性の高さが問われる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

12番セイウンコウセイは高松宮記念で初G1制覇。「ハイブリッド指数」=《74》はフロックでは叩き出せない。

「ハイブリッド指数」=《74》
2_4

1200mでは4戦4連対とパーフェクト連対。

「距離実績」=【3・1・0・0】
2

時計の速い決着でも、馬場が渋っても対応可能。洋芝は問題ないはず。

レース特記=「時計速○」「渋馬場○」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番シュウジは高松宮記念で15着と大敗。成績にはムラがあるが、能力的には十分足りる。

「ハイブリッド指数」=《72》
3_4

折り合いがつくかどうかが課題。

レース特記=「行たがる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」3位&「乗込指数」1位。このレースを目標に仕上がりはよい。

「追切指数」3位&「乗込指数」1位

3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

13番ブランボヌールは昨年のキーンランドCを快勝。馬体重が増えて成長はしている。

馬体重
4_3

洋芝が得意で函館&札幌は3戦3勝。コース替わりで見直せる。

函館&札幌は3戦3勝
5_4

岩田Jは函館1200mの成績がよい。

該当コース騎手成績
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番クリスマスは近2走は大幅馬体減が課題か。

近2走は馬体減が影響?
6_3

函館は4戦3勝。

「コース実績」=【3・1・0・0】
7_4

滞在競馬は向いている。

馬特記=「函館向き」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ジューヌエコールは折り合いが課題。1200mは合うかもしれない。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」

8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番キングハートは近2走が上がり32~33秒台前半と速い。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇して充実著しい。

近2走は上がり32~33秒台前半
「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8_3

4番エポワスは函館コースは5戦4連対と好相性。9歳馬ながら、実力は衰えていない。

「ハイブリッド指数」=《68》
「コース実績」=【1・3・0・1】

10

結果は → 成績新聞

Photo_37

<函館11R函館スプリントステークスの結果>
1着.8番ジューヌエコール (3人気)
2着.3番キングハート   (4人気)
3着.4番エポワス     (7人気)