■函館記念を攻略するツボ■

2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「4角先頭馬」は2勝。一方、「上がり最速馬」も3勝をあげている。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。

過去5年で「4角先頭馬」が2勝
過去5年で「上がり最速馬」が3勝

3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち馬は「前半」印◎、「後半」印注以上の5番人気以内。内目の枠で、前走は重賞。OP特別からの勝ち馬はトランスワープのみで、前走は1番人気で3着から。

巴賞組だと人気薄での2~3着が基本。全体的には「後半」系のレースで「前半」印は○以上の2頭だけ見ておく。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番サトノアレスは初の年長馬相手の巴賞を快勝。「ハイブリッド指数」的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《65》
4

「推定後半3ハロン」1位。末脚は古馬相手でも互角以上。

「推定後半3ハロン」1位=1番サトノアレス
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

1600m~1800mに実績があるので、距離延長が課題。

レース特記=「距離長」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番ステイインシアトルは鳴尾記念で初重賞制覇。2000mには実績がある。

「距離実績」=【3・1・0・2】
1_2

ただし、鳴尾記念は前後半36.9秒-34.1秒、後傾2.8秒のスローペースに恵まれた面は大きい。今回は同型との兼ね合いもカギとなる。

前後半36.9秒-34.1秒、後傾2.8秒のスローペース
7

11番ツクバアズマオーは中山金杯の内容は優秀。

「ハイブリッド指数」=《69》
8

昨年の函館記念は9人気で3着。昨年より2kg増の57kgがどうか。

「コース実績」=【1・2・3・2】

9

7番マイネルミラノは先行力があるので、小回りコースは向いている。

馬特記&レース特記=「中山向き」「小回向き」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

58kgのトップハンデが課題。

トップハンデ=赤色で表示
2_2

16番サクラアンプルールは中山金杯で上がり最速をマークして2着。当時のパフォーマンスなら、今回のメンバーでも上位の存在。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《69》
3_2

6番アングライフェンは巴賞で2着。ただし、オープンで馬券絡みは一度だけ。勝ち切るまでは厳しいか。

「クラス成績」=【0・1・0・8】
4_2

15番ヤマカツライデンは近3走は重賞ですべて先手を奪っている。

近3走すべて4角先頭

5_2

逃げてこその馬なので、今回も他馬に先手は譲らないはず。

馬特記&レース特記=「ハナ条件」

6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

人気薄の「推定前半3ハロン」1位には注意が必要。

「推定前半3ハロン」1位
3

「ハイブリッド指数」1番手は12番ルミナスウォリアー。「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよい。人気も手頃。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り

「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中
Photo_2

フルゲートのハンデ戦。「ハイブリッド指数」的に上位は大混戦。

「ハイブリッド指数」的には大混戦
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

<函館11R函館記念の結果>
1着.12番ルミナスウォリアー(5人気)
2着.14番タマモベストプレイ(14人気)
3着.15番ヤマカツライデン (7人気)