■富士Sを攻略するツボ■

飯村先生が作成の「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」。秋華賞は1番人気のアエロリットが「騎手」「厩舎」「種牡馬」ともにノーマーク。

それに対して、勝ち馬の14番ディアドラは「騎手=◎、種牡馬=○」。2着の7番リスグラシューは「騎手=▲、厩舎=○、種牡馬=▲」と厚い印。そして、2頭ともに「調教ベスト3」に該当。

秋華賞の「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」
Photo
⇒見方などの詳細はコチラから

レース後、サンスポのM部長から、"お蔭様で好評です。一度、食事でもご馳走させて下さい"と連絡を有難く頂いたので、先週の火曜にご馳走して頂きました。

M部長が学生時代に本店に行ったことがあるらしい「銀なべ」という鍋屋さん。メニューは「牛肉のどて鍋とタタキのセット」のコース1本のみ。

最初の「牛肉のタタキ」はモヤシを牛肉で巻いてポン酢で。

1_3

追加で「お造り」2人前をオーダー。

2

「白味噌仕立ての牛肉鍋」は大きくカットされたとろける牛肉。

3

白味噌ベースのお出汁は全汁したいと思うほどクリーミーでまろやか。

4

M部長、ご馳走様でした。

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」に掲載されているのは「調教ベスト3」「騎手ベスト3」「厩舎ベスト3」「種牡馬ベスト3」など。是非、お試し下さいマセ。菊花賞はどんなデータができあがるか?

スプリンターズSの「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」
2_2
⇒見方などの詳細はコチラから


その前に明日の「富士S」を分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近4年は後傾1秒4以上のスローペースから、上がり32~33秒台の瞬発力勝負。前週の府中牝馬Sと同様、上位の上がりで差し届く。

スローペースから、上がり32~33秒台の争い
7_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

人気の軸馬を除けば「前半・後半」に偏りは無いレース。2桁人気でどちらかの印が入っていれば買い目に入れておくべき。また「後半」上位の中位人気も良い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

実力通りに決まりやすく、「位置取りシート」的に1番手が優勢。そして、外めでも好走できるのが特徴。

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


15番イスラボニータは安田記念で8着。スムーズさを欠いたので仕方のない面はある。

レース特記=「スム欠く」
1_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超え。高いレベルで安定している。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1_7

例によって、「山元トレセン」帰りだから、仕上がりは問題ない。

「山元トレセン」からの放牧帰り
6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


6番エアスピネルも安田記念で前が開かず、仕掛け遅れが響いての5着。

レース特記=「仕掛遅れ」
2_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

札幌記念は現状は2000mが長かったか。実績のある1600mで巻き返しは可能。

「距離実績」=【3・2・1・1】
3_2

高速馬場でも、渋馬場でも問題ない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「芝軽い○」
3_6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ペルシアンナイトはダービーでスムーズさを欠きながら、7着なら決して悪い内容ではない。

レース特記=「スム欠く」「不利」
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。距離短縮で瞬発力が発揮できるはず。

「推定後半3ハロン」1位=5番ペルシアンナイト
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

11番グランシルクは京成杯AHで初重賞制覇。近走は常に上位の上がりをマーク。

「ハイブリッド指数」=《71》
常に上位の上がりをマーク

3_8

詰めの甘いタイプではあるが、前走がよいキッカケとなったかもしれない。

「全成績」=【5・6・5・6】
4_6

4番ガリバルディは京成杯AHで「推定後半3ハロン」2位に該当。

「推定後半3ハロン」1位=6番グランシルク
Photo_37
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

11人気で2着に入って、馬連「4050円」&枠連「1970円」の波乱を演出。

★30万円超えの払い戻し★
4211_2
枠連 19.7×5000円=9万8500円
馬連 40.5×5000円=20万2500円
購入3万5000円 払戻30万1000円


例の「高中氏」の調教指数もS評価馬に該当しており、好仕上げにも関わらず人気がなさ過ぎた印象。

S評価馬
3
PC版トップはコチラ 携帯版トップはコチラ

勝ち切るのは微妙かもしれないが、上位を争える実力はある。

「ハイブリッド指数」=《69》
5_4

8番ロードクエストは近走は凡走続きとはいえ、「ハイブリッド指数」=《60》台後半はある。

「ハイブリッド指数」=《68》

6_2

NHKマイルCで2着を含め、全3勝の1600mで一変があるかもしれない。

「距離実績」=【3・1・0・3】
4_2

1番サトノアレスも1600mでは底を見せていない。

「距離実績」=【2・0・0・0】
5

結果は → 成績新聞

Photo_11

<東京11R富士ステークスの結果>
1着.6番エアスピネル   (1人気)
2着.15番イスラボニータ  (4人気)
3着.13番クルーガー    (11人気)