■ファンタジーSを攻略するツボ■

Photo_16
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の4頭が4角4番手以内で立ち回っている。直線が平坦なコースだから、逃げ&先行馬が簡単には止まらない。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角4番手以内
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB」印▲以上からの選択。次順で「前半」上位+前走1200m重賞。勝ち馬はこの2パターン。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では内目。特に「最内」ライン。ここは必ず、すべて買うべき。同時に、2番手以降の内目も優秀。2番手以降の「最内・内」を押さえておけば、変な馬が来たとしても大体OK。1番手であれば外目の「+」。

近2年の「位置取りシート」
2_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


11番アーデルワイゼはもみじSでダノンスマッシュの2着。

「ハイブリッド指数」=《46》
2

小柄な馬体ながら、重い馬場は苦にしない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「芝重い○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番アマルフィコーストは新馬戦、中京2歳Sを2連勝。

「ハイブリッド指数」=《48》
1

この馬も道悪は苦にしない。

レース特記=「芝重い○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ベルーガの新馬戦は上がり最速をマークして4馬身差の圧勝。上がりは2位に1.0秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に1.0秒差)
4_2

余力を残した勝ち方だったので、1ハロンの距離延長は対応できるはず。

レース特記=「直余力有」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番コーディエライトは新潟2歳Sで牡馬相手に逃げ粘って2着。

「ハイブリッド指数」=《50》
5

1400mの未勝利戦を圧勝しており、距離短縮は好材料。

レース特記=「完勝」「距離○」「ダッシ○」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入り。先行力があるので、距離短縮は向いている。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番スズカフェラリーはりんどう賞で3着同着。レースラップのラスト1Fが11.5秒だから、届かなかったのは無理もない。

レースラップのラスト1F=11.5秒
5
*画像はPC版の【コメント新聞】

折り合いに不安があるので、重賞でペースが上がれば末脚が活きる。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」、「乗込指数」ともに高く、メンバー中で仕上がりは一番。

「追切指数」2位&「乗込指数」1位
Photo_17
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番モズスーパーフレアは初戦を500万級の好時計で快勝。

「ハイブリッド指数」=《46》
6

折り合いがどうかだけで、能力的には通用する。前走の敗戦だけで見限るのは早い。

レース特記=「掛り気味」「ムキ走る」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

結果は → 成績新聞

Hb_7

<京都11RファンタジーSの結果>
1着.9番ベルーガ     (5人気)
2着.8番コーディエライト (3人気)
3着.10番アマルフィコースト(1人気)