■ファルコンSを攻略するツボ■

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年すべて前半3ハロン33~34秒台と速く、傾向的には逃げ&先行馬に流れは厳しい。実際、「上がり最速馬」が実に4勝をあげている。

過去5年で「上がり最速馬」が4勝
1_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB」印▲以上で人気上位から軸馬の選択。過去2年は「前半・後半」で◎の馬がどちらも圏内に来ており、前の馬と後の馬が同時に並び立つレース。内枠は断然有利で、相手には4枠までの何かしら印が入っている馬を拾っておけばOK。

前走は1400m以上から。軸馬は1400mなら勝ち馬、1600m以上の重賞組を。

単勝オッズ3倍未満の1番人気はことごとく圏外。3~1桁中盤辺りまでが無難。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では内目。「最内」ラインは毎年連対馬を輩出しており、内枠であれば3番手以降でもチャンスあり。リストアップ+4枠位内であれば少なくとも相手には必要。

過去の「位置取りシート」の傾向」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


4番ジョーストリクトリはアーリントンCで5着。「ハイブリッド指数」=《50》以下だから、勝ち馬のペルシアンナイト以外はレベルは低い。

「ハイブリッド指数」=《50》以下
2_9

中京の500万条件のなずな賞を勝利。コース適性を活かして、好走を狙う。あまり人気なら危険ではある。

「コース実績」=【1・0・0・0】
3_7

9番コウソクストレートも「ハイブリッド指数」的には互角。京王杯2歳Sでは勝ち馬モンドキャンノに次いで上がり2位は高評価できる。

「ハイブリッド指数」=《48》
京王杯2歳Sで上がり2位
4_7

シンザン記念では折り合いを欠いて大敗。1ハロンの距離短縮は好材料。

レース特記=「掛かる」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番ナイトバナレットはジュニアCで2勝目。近3走すべて上がり3位以内をマークしている。

近3走すべて上がり3位以内をマーク
5_6

全5戦で3着を一度しか外していないのは立派。

「全成績」=【2・0・2・1】
6_4

相変わらずスタートが悪いので、差しが決まる中京は向くはず。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。重賞でも末脚は通用してよい。

「推定後半3ハロン」1位=12番ナイトバナレット
C11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

鞍上の中谷Jによる部分は大きい。

該当コース騎手成績
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

16番エントリーチケットも「ハイブリッド指数」は高い。

「ハイブリッド指数」=《50》
7_3

中京コースは2戦2連対と好相性。

「コース実績」=【1・1・0・0】
8_2

距離短縮で見直しが必要。

レース特記=「掛かる」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番ボンセルヴィーソはデイリー杯2歳S、朝日杯FSで逃げ粘って好走。

4角先頭
「ハイブリッド指数」=《53》

9_2

ダッシュ力があるので、1400mも問題ない。

レース特記=「ダッシ○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「基準ハイブリッド指数」のいない低レベル戦。波乱が予想される。

「基準ハイブリッド指数」がゼロ
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

フィリーズRの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

3

<中京11Rファルコンステークスの結果>
1着.9番コウソクストレート(3人気)
2着.10番ボンセルヴィーソ (2人気)
3着.5番メイソンジュニア (6人気)