■エプソムCを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬の3頭が4角3番手以内。そして、「上がり最速馬」は2勝。ひとまず、4角9番手以内が勝利の条件。

過去5年の勝ち馬はすべて4角9番手以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が7連対の好成績。そして、勝ち馬の6頭までが「ハイブリッド指数」2番手以内。「推定前半3ハロン」上位より、「推定後半3ハロン」上位の好走が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

10番アストラエンブレムは大阪城Sを勝って、メイSで2着。上がりの速い決着は得意。

レース特記=「上が速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4走すべて上がり2位以内。ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

近4走すべて上がり2位以内
3_2

「追切指数」は高く、仕上がりはよい。

「追切指数」1位
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

9番クラリティスカイはメイSでスローペースで逃げて3着。

前後半36.5秒-33.6秒(後傾2.9秒のSペース)

4_2

崩れたのは距離が長く、スムーズさを欠いたAJCCのみ。展開ひとつでチャンスあり。

レース特記=「スム欠く」「距離長」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番タイセイサミットは準オープン、メイSを連勝。上がり33秒台の決着を制している。

レース特記=「上が速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇して、4歳馬で充実が著しい。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
5_2

6番デンコウアンジュはヴィクトリアMで上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
6_2

決してスムーズなレースではないなか、勝ち負けに持ち込んだのは立派。

レース内容
レース特記=「ゴチャ」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは2歳時にアルテミスSを制した得意の舞台。

「コース実績」=【1・1・0・1】
7_2

7番マイネルハニーはチャレンジCで初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《68》
8_2

小倉大賞典はハイペースに巻き込まれての大敗。マイペースで先行できれば渋太い。

前後半34.8秒-36.5秒(前傾1.7秒のHペース)
9_2

2番フルーキーは「ハイブリッド指数」=《60》台後半をマーク。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
11

斤量58kgなら割引きは必要。

斤量58kg
1_2

1番マイネルミラノは福島民報杯を快勝。小回りコースの方が向いている。

レース特記=「小回向き」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番ヒストリカルはメイSで上がり最速をマーク。近4走すべて上がり2位以内。末脚に衰えは感じられない。

メイSで上がり最速32.7秒をマーク
10

結果は → 成績新聞

Photo_39

<東京11Rエプソムカップの結果>
1着.12番ダッシングブレイズ(5人気)
2着.10番アストラエンブレム(1人気)
3着.7番マイネルハニー  (6人気)