■アルテミスSを攻略するツボ■

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で上がり2位以内が4勝。のちにG1を制する馬が多く、今後の牝馬路線を占う意味では重要な一戦。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「推定後半3ハロン」1位は3勝、2着2回とパーフェクト連対。そして、重賞へ格上げされた近3年すべて8枠が勝利している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では外目。1番手外目の展開マーク付きは有利。また1番手の「中」より外目3頭、展開マーク付きの2パターンは無条件で拾っておくべき。内目であれば四隅、「最内」ラインの2頭。

「大外」1番手が傾向
1_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


14番トーセンブレスは新馬戦の上がり最速は、上がり2位に1.1秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に1.1秒差)
2_4

渋った馬場でレースラップのラスト1F秒11.6秒は速い。牝馬同士なら重賞でも期待できる。

レース特記=「渋馬場○」
レースラップのラスト1F秒11.6秒

3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJの複勝率は《50%》超えと高い。

該当コース騎手成績
Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番ウラヌスチャームは新馬戦で上がり最速32.0秒をマークして勝利。

上がり最速32.0秒
4_3

スローペースとはいえ、レースラップのラスト2F10.1秒-11.1秒は秀逸。

レースラップのラスト2F10.1秒-11.1秒
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。高い瞬発力を秘めている。

「推定後半3ハロン」1位=7番ウラヌスチャーム
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「ノーザンファーム」からの放牧帰りで「馬名太字」に該当している。

「馬名太字」(=放牧先と好相性)
Photo_6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


5番ダノングレースは札幌1500mの新馬戦を勝利。完歩が小さいので、距離延長は微妙。

馬特記&レース特記=「完歩小さ」

8_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

420kg台の小柄な馬体なので、実戦を使って馬体減りしていないか不安。

「馬体重」=422k

9_3

11番グランドピルエットの初戦のレースラップのラスト1F12.0秒はあまり評価できない。

レースラップのラスト1F12.0秒
10_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ラテュロスは418kgと小柄で、長距離輸送は不安。

「馬体重」=418k
11_2

8番トロワゼトワルは初戦の「ハイブリッド指数」が低い。休養してどれだけ成長しているかがカギ。

「ハイブリッド指数」=《34》
12_2

13番ラッキーライラックも初戦の「ハイブリッド指数」=《39》は上々。

「ハイブリッド指数」=《39》
6_3

レースセンスのよさも武器なるはず。

レース特記=「R振スム」
7_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Photo_25

<東京11Rアルテミスステークスの結果>
1着.13番ラッキーライラック(2人気)
2着.6番サヤカチャン   (13人気)
3着.2番ラテュロス    (4人気)