■有馬記念を攻略するツボ■

有馬記念は秋最終戦のため、状態の見極めはかなり重要。しかも、最近の傾向的には秋3走目がピークではなく、短期放牧帰りの方が走るほど。

短期放牧帰りの3頭で決着
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


果たして、有馬記念の各馬のデキは??

キタサンブラック(▲)…
Photo_2

CWでビップレボルシオンに馬なりで先着。前走時より調教本数を増やして、負荷をかけてきた。引退レースへ向けて後先のない仕上げ。秋3走目で状態の維持は難しいが、予想していたほどの反動は感じられない。


シュヴァルグラン(○)…
Photo_3

CWでモタついた1週前とは一転して、今週は坂路で力強い走り。ローテーションが厳しかった昨年に比べて疲れもなく、当週も強めに負荷を掛けられている。前走と同様の好状態をキープ。


スワーヴリチャード(◎)
Photo_4

CWで1週前に6F79秒台の自己ベスト。そして、今週も6F80秒台の一番時計で併走馬を置き去り。軽く流していても楽に時計が出るのは、筋肉量が増して、パワーアップしている証拠。ジャパンCを見送って、理想的なローテーション。状態は文句なし。


ミッキークイーン(◎)…
Photo_5

坂路で馬なりで4F52.5秒の好時計。しかも、ラスト1F11.9秒の鋭い反応。エリザベス女王杯を使って、秋2走目で状態は大幅に良化。脚元の不安も感じられない。距離適性、コース適性は微妙だが、状態面はメンバー中で上位。


さて、「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」を加味して、総合的に判断すると…

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

有馬記念(+阪神12R・ギャラクシーS)の「ハイブリッド新聞」+「外厩シート」+「位置取りシート」のサンプル

近4年の勝ち馬は4角2~3番手で立ち回っている。2周目の4角では先団に取り付く必要がある。2番キタサンブラックにとっては好データ。

近4年の勝ち馬は4角2~3番手
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手は5頭が3着以内。連対馬の10頭が「ハイブリッド指数」5番手以内に該当。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番キタサンブラックはジャパンCで3着。前後半36.3秒-35.1秒、後傾1.2秒のスローペースの瞬発力勝負では分が悪かったか。

前後半36.3秒-35.1秒(後傾1.2秒のスローペース)

3_6

コンスタントに「ハイブリッド指数」は《77》をマーク。

「ハイブリッド指数」=《77》
4_4

3歳時から常に一線級相手に戦って、オープンで3着を2回しか外していない。中山へのコース替わりも問題なし。

「クラス成績」=【9・2・4・2】
「コース実績」=【2・1・2・0】
5_5

他馬が苦にする分、馬場が荒れてきたのは歓迎。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

あとは秋2戦の激走の反動がないかどうか。【直前情報】は参考にしたい。

朝日杯FSの【直前情報】
Photo_36
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

14番スワーヴリチャードはアルゼンチン共和国杯で上がり最速をマークして0.4差V。「ハイブリッド指数」は一気に《70》を超えてきた。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《73》

6_2

デビューから連対を外したのは皐月賞だけ。年長馬の一線級とも互角の実力がある。課題はコース適性と外枠。

「全成績」=【3・3・0・1】
「コース実績」=【0・0・0・1】
7_3

馬格があるので、馬場が荒れても問題ない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」、「乗込指数」ともにメンバー中で上位。ジャパンCを見送って、かなり仕上がりはよい。

「追切指数」2位&「乗込指数」3位
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」1位。今年G1で・6勝のM.デムーロJが強力。

「推定後半3ハロン」1位

2

10番シュヴァルグランはジャパンCで過去最高のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《78》
8

スタミナが武器なので、距離延長は歓迎。引き続き上位争い。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ミッキークイーンはエリザベス女王杯で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク

9

展開が向かなかったのが惜しい。

レース特記=「展開不向」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、5歳牝馬で上積みは望み辛い。

「ハイブリッド指数」=《73》

10

12番サトノクラウンはジャパンCで大敗。天皇賞(秋)のダメージがあったはず。

「ハイブリッド指数」=《76》
1_5

成績にムラのあるタイプだから、大敗を気にする必要はない。中山では弥生賞勝ちがあるので、ジャパンCより条件はよい。

「全成績」=【6・1・1・6】
「コース実績」=【1・0・0・1】
2_8

7番シャケトラは近走は先行して大敗。レースぶりに心境が欲しい。

レース特記=「掛り気味」「スタ悪い」「スム欠く」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ヤマカツエースは昨年の有馬記念で4着。中山で重賞2勝とコース適性は高い。

「コース実績」=【2・0・0・1】

3_7

8番レインボーラインは天皇賞(秋)で13人気で3着に好走して、3連複万馬券を演出。

枠連1点&3連複万馬券
4911
枠連 8.0×2万円=16万円
3連複 152.9×200円=30万5800円
購入7万4000円 払戻46万5800円

近2走は上々のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《72》
4_5

有馬記念はステイゴールド産駒が強いレース。上がりが掛かれば出番があってよい。

レース特記=「上が掛○」「スタミ○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


4年前は「推定後半3ハロン」1~3位で決着して、約60万円の払い戻し。

1_5
2_3

昨年は儲けは僅かながらも、◎○▲で決着。

3_2
4_2

近7年で「推定後半3ハロン」1位は6頭が3着以内に入っている。

「推定後半3ハロン」1位=14番スワーヴリチャード
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

今年は配当が安く、買い方が難しいレース。「推定後半3ハロン」を重視して、券種選択&金額を配分を考えた結果が…。賭け額の5倍の50万円超えが目標。果たして、ハッピーなクリスマスイヴとなるか?

2017

有馬記念(+阪神12R・ギャラクシーS)の「ハイブリッド新聞」+「外厩シート」+「位置取りシート」のサンプル 結果は → 成績新聞

Photo_34
<中山11R有馬記念の結果>
1着.2番キタサンブラック (1人気)
2着.3番クイーンズリング (8人気)
3着.10番シュヴァルグラン (3人気)