■青葉賞を攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

→無料サンプルはコチラから
・天皇賞(春)の前日版の「ハイブリッド新聞」
・明日の京都の「位置取りシート」(コンビニ版)
・明日の京都の「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマーク。東京コースらしく、上がりの速いタイプが優勢。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が2勝、「推定後半3ハロン」1位は3着が3回とやや不振。500万勝ちから急上昇してくる馬が多い証拠か。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

10番アドミラブルは未勝利、アザレア賞を「レースレベル」=《A》《S》で2連勝。

「レースレベル」=《A》《S》
2_4

特に前走はレースラップのラスト3F10~11秒台を3馬身も突き抜けた末脚は圧巻。近2走は阪神コースの重い馬場だが、時計&上がりの速い決着には対応できる。

レースラップのラスト3F10~11秒台

レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」は抜けて速い。勝って日本ダービーへ駒を進めるか。

「推定前半3ハロン」断トツ1位=ピンク色で表示
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

11番トリコロールブルーはスプリングSは5着とはいえ、上がりは最速。「ハイブリッド指数」的には互角ではある。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《55》
4_4

4戦すべて上がり2位以内をマーク。今回のメンバーでは末脚は上位。

4戦すべて上がり2位以内をマーク
5_4

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
Photo_4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


4番ポポカテペトルは3走前、2走前は不利があっての敗戦。

レース特記=「ゴチャ」「不利」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ゆきやなぎ賞をスムーズなレースで快勝。スタミナがあるので、長距離が向いている。

レース特記=「距離○」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが必要ではあるが、ルメールJなら軽くは扱えない。

「ハイブリッド指数」=《51》
8_2

7番マイネルスフェーンはホープフルS、京成杯ともに上がり2位をマーク。

近2走は上がり2位をマーク
9_2

上がりの掛かる中山向きの印象はある。

馬特記&レース特記=「上が掛○」「中山向き」
10_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番イブキは水仙賞を逃げ切って2勝目。「ハイブリッド指数」は特に高くはなく、上がりも速くないので、東京では強調材料に欠ける。

「ハイブリッド指数」=《50》
上がり4位

11_2

先週のフローラSの「位置取りシート」では「内」の2頭で決着。

フローラSの「位置取りシート」
Photo_38
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


内を立ち回れる強みを活かして、上位を狙いたい。

「内」1番手=12番イブキ
2_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


9番ベストアプローチは近3走中で上がり最速が2回。上位争いは可能か。

近3走中で上がり最速が2回
12

キャリアの浅い3歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

福島牝馬Sの【直前情報】
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb_7

<東京11R青葉賞の結果>
1着.10番アドミラブル   (1人気)
2着.9番ベストアプローチ (4人気)
3着.6番アドマイヤウイナー(8人気)