■安田記念を攻略するツボ■

さて、ダービーに続いて、好相性の「安田記念」を分析。

Photo_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年の安田記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年で「上がり最速馬」は1勝、2着2回、3着1回と馬券絡み。13年、14年は上がり1~3位のワン・ツー・スリー。上がりの速いタイプが好走している。

過去5年は差し&追込馬が好走
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

例年は勝ち時計が1分31秒台~32秒台前半と速い。【コメント新聞】馬特記&レース特記「時計速○」があるタイプが有利。

馬特記&レース特記=「時計速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近3年は「ハイブリッド指数」1番手が3連勝中。しかも、近4年は「推定後半3ハロン」1位が3勝、2着1回とパーフェクト連対。上がりの速い実力馬を狙えばよい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

8番モーリスは昨年の安田記念で「推定後半3ハロン」1位に該当して勝利。

「推定後半3ハロン」1位=モーリス
3f
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝、3連複の4万馬券に貢献してくれた。

★単勝+3連複4万馬券★
3211
単勝 3.7×1万円=3万7000円
3連複 406.9×500円=20万3450円
購入5万2500円 払戻24万450円

国内外のG1・4勝を含めて、昨年から目下7連勝中。「ハイブリッド指数」は《75》超えと高い。

「ハイブリッド指数」=《75》超え
5_2

帰国後は東京競馬場に滞在して、強い負荷を掛けていない点が最大の課題。

「追切コース」=東芝&「追切指数」=《0》
1

馬体にも太めが残っている可能性がある。【直前情報】を参考にしたい。

昨年の安田記念の【直前情報】
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

11番リアルスティールはドバイターフで初G1制覇。4歳馬なので「ハイブリッド指数」的にも成長が見込める。

「ハイブリッド指数」=《72》
6

折り合いに不安のあるタイプなので、初めてのマイル戦がプラスに働く可能性はある。

馬特記&レース特記=「掛り気味」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番モーリスとは対照的で、「栗坂」で「追切指数」が《49》と高く、海外遠征帰りでも十分な調教を積めているのがよい。

「追切コース」=栗坂&「追切指数」=《49》
2

7番サトノアラジンは京王杯スプリングCで初重賞制覇。上がり最速32.4秒は東京コースの勝ち馬の上がりとしては史上最速。

上がり最速32.4秒
7

ディープ産駒らしく、上がりの速い決着は得意。距離延長は歓迎材料。

レース特記=「上が速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。上がり32秒台の瞬発力勝負ならヒケを取らないはず。

「推定後半3ハロン」1位=7番サトノアラジン
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

9番イスラボニータは近2走は見せ場ないレースだが、「ハイブリッド指数」=《70》には到達している。

「ハイブリッド指数」=《70》
8

久々のマイル戦だった昨年のマイルCSで上がり最速をマーク。

マイルCSで上がり最速をマーク
9_2

東京コースは8戦して3着以内が7回と抜群の成績。

「コース実績」=【4・1・3・1】
10

10番フィエロはマイラーズCで4着。主戦のM.デムーロJからの乗り替わりが大きく、大外を回るコースロスが堪えた。

レース特記=「大外回る」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年のマイルCSでも2着に好走。あとは東京コースに実績がない点が微妙。

馬特記=「京都向き」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJの腕で何処までか。

該当コース騎手成績
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番ロサギガンティアは近走は1400m戦で好走。「ハイブリッド指数」は《70》台前半が限界点なのかもしれない。M.デムーロJの腕で何処までか。

「ハイブリッド指数」=《71》
11

1番クラレントは昨年の3着馬とはいえ、近走は「ハイブリッド指数」=《70》に到達していない。先行力を活かして、粘り込みを狙う。

「ハイブリッド指数」=《69》
12

「推定前半3ハロン」1位。最内枠からマイペース逃げに持ち込めば、展開には恵まれる可能性は高い。逃げ残りを一考したい。

「推定前半3ハロン」1位=1番クラレント
3

5番コンテントメントはチャンピオンズマイルでモーリスの2着。【直前情報】も参考にしたい。

昨年の【直前情報】
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

人気馬に一長一短があって、「ハイブリッド指数」的に大混戦。稀に見る12頭立ての少頭数とはいえ、大荒れが想定できる。

「ハイブリッド指数」的に大混戦
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


2年前は3連複9万馬券×500円が引っ掛かって、45万円超えの払い戻しを得たレース。今年の安田記念も「推定後半3ハロン」1位が好走してくれるか。

<東京11R安田記念の結果>
1着.10番ジャスタウェイ  (1人気)
2着.12番グランプリボス  (16人気)
3着.11番ショウナンマイティ(10人気)

★昨年の3連複9万馬券★
3211
3連複 911.6×500円=45万5800円
購入4万5000円 払戻45万5800円

2年前の安田記念の払い戻し
Photo_4


過去3年の安田記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb_13

<東京11R安田記念の結果>
1着.6番ロゴタイプ    (8人気)
2着.8番モーリス     (1人気)
3着.10番フィエロ     (6人気)