今年の上半期のG1は半分が終わって、残り半分の6レース。東京のG1レースが続く。今週は牝馬のマイル女王決定戦「ヴィクトリアM」

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年のヴィクトリアMの【ハイブリッド新聞】(成績版)


昨年は最低人気のミナレットが逃げ粘って3着。過去5年で4角5番手以内が4勝をおさめている。その一方、勝ち馬の3頭が上がり3位以内をマークしている。

過去5年で4角5番手以内が4勝
過去5年の勝ち時計は1分31秒9~1分32秒4
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

そして、勝ち時計1分31秒台が2回、1分32秒台前半が3回と速いのが特徴。高速決着への対応力が求められる。【コメント新聞】の馬特記には「時計速○」が欲しい。

馬特記=「時計速○」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2010~12年まで「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位がすべて馬券絡み。近3年は「ハイブリッド指数」上位馬が不振で、「推定前半3ハロン」上位の前残りのケースが目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

10番ミッキークイーンは阪神牝馬Sはタイム差なしの2着。直線で進路を探すのに苦労して、完全に脚を余しての敗戦。

レース特記=「直余力有」
レース内容=「直線は進路探すのに苦労。」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

勝ち馬より2キロ重い斤量を背負っており、「ハイブリッド指数」も《73》と高い。

前後半35.2秒-34.2秒(後傾1.0秒のスローペース)
「ハイブリッド指数」=《73》

3_5

小柄なディープ産駒で、時計、上がりの速い決着は得意。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mは3戦3連対とパーフェクト。「推定後半3ハロン」1位。今の時計の速い東京なら、上がり32秒台突入も可能だろう。

「距離実績」=【1・2・0・0】
「推定後半3ハロン」1位

2

土曜の東京の芝は「上がり最速馬」がすべて馬券絡み。昨年のような極端な前残りにならない限り、この馬の瞬発力なら差し届くはず。

「上がり最速馬」=【3・1・1・0】
3
ハイブリッド新聞の上部に掲載の「馬場傾向」

15番ショウナンパンドラはハイレベルな大阪杯で3着。近走はすべて一線級相手に上がり2位以内、「ハイブリッド指数」=《70》超えをマークしている。

上がり2位以内
「ハイブリッド指数」=《70》超え

5_2

「ハイブリッド指数」1番手。牝馬同士では実力上位は間違いなく、距離短縮が最大のカギ。

「ハイブリッド指数」1番手
「距離実績」=【0・1・0・1】
4

2番スマートレイアーは近2走は東京新聞杯、阪神牝馬Sとマイル重賞を連勝。とはいえ、スローペースに恵まれた面は大きい。

後傾1.0秒以上のスローペース
7

6歳馬だから、年齢的に上積みは乏しい。

「ハイブリッド指数」=《71》
8

7番ルージュバックは年明け初戦の中山牝馬Sで2着好走。初めて「ハイブリッド指数」は《70》超えをマーク。4歳馬だから伸びシロは見込める。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
9

デビューから3連勝の後は1勝もしていない。

「全成績」=【3・2・0・3】

10

ただし、鞍上のルメールJも複勝率は《40%》超えと高く、上位争いには加わってくるか。

該当コース騎手成績
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番マジックタイムはデビュー時の440kg台から馬体重が増えて成長している。

馬体重=「470kg台」
12

5走連続して連対中。すべて上がり2位以内をマーク。末脚の充実ぶりは目立つ。

すべて上がり2位以内
11_2

左回りを得意としており、東京へのコース替わりは好材料。

馬特記=「左回り○」
レース特記=「府中向き」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ストレイトガールは昨年のヴィクトリアMスプリンターズSとG1を2勝。地力の高さは牝馬同士では上位。

「ハイブリッド指数」=《74》
13_2

1番ウインプリメーラは今年は重賞で3戦してすべて3着以内。時計の速い決着にも対応可能。先行策から粘り込みたい。

レース特記=「時計速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番シャルールは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。底をみせていない点は魅力ではあるが、前走から大幅な上積みは必要。

「ハイブリッド指数」=《66》
15_2

12番クイーンズリングは道悪の京都牝馬Sで重賞2勝目。エリザベス女王杯は距離が長く、マイル前後の距離が向いている。

レース特記=「距離長」「距離○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3ヵ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

NHKマイルCの【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

「推定後半3ハロン」は10番ミッキークイーン、15番ショウナンパンドラ、12番クイーンズリング、6番マジックタイム、14番ウキヨノカゼまで上位。

「推定後半3ハロン」1位=10番ミッキークイーン
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

先週のNHKマイルCのロードクエスト(2着)を含めて、今年のGⅠ6レースで「推定後半3ハロン」1位は5連対。人気薄の先行勢が粘り込むケースはあっても、基本的にG1は上がりの速いタイプが優勢。ヴィクトリアMも「推定後半3ハロン」上位で決着するか。

過去3年のヴィクトリアMの【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb_16

<東京11Rヴィクトリアマイルの結果>
1着.13番ストレイトガール (7人気)
2着.10番ミッキークイーン (1人気)
3着.15番ショウナンパンドラ(2人気)