■チューリップ賞を攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」は2011年レーヴディソール、12年ハナズゴール、14年ハープスターと3勝。勝ち馬はすべて上がり2位以内をマークしている。阪神外回り1600m戦は上がり順位がストレートに着順に反映されやすい。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が馬券絡み。「推定後半3ハロン」1位も4頭が馬券絡みしている。阪神外回り1600m戦は実力をがストレートに反映され易い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番ジュエラーはキャリア1戦で挑んだシンザン記念で2着。しかも、デビュー2戦ともに上がりは断トツで速い。

2戦ともに断トツの上がり最速をマーク

2_2

シンザン記念では出遅れて、4角16番手のポジションから、直線で大外から猛追して2着。

レース内容=「ダッシュ付かず。直線大外から鋭く伸び。」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的に抜けた存在ではないが、牝馬同士なら瞬発力上位は明らか。

「推定後半3ハロン」1位
1_3

M.デムーロJの6連続重賞制覇が懸かる。この舞台でも勝率《20.0%》、複勝率《44.3%》と高い。

該当コース騎手成績
3_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

16番レッドアヴァンセは初勝利をあげるまで3戦を要したが、近2走は断トツの上がり最速33秒台をマークして2連勝。

上がり最速33秒台をマークして2連勝
3_2

この2戦ともにレースラップのラスト2Fも11秒台と速い。ディープ産駒で軽い芝の方が得意なので、阪神の馬場がどうか。

レースラップのラスト2F11秒台
レース特記=「芝軽い○」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番シンハライトも新馬、紅梅Sと京都で2連勝。この馬も軽い芝が得意。

レース特記=「芝軽い○」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

430kgの小柄な馬体で、前走は休み明けでも馬体重が増えてこず。馬体の維持が課題。距離も1400mの方が向いている印象。

「馬体重」=430kg
6_2

12番ウインファビラスは阪神JFで勝ち馬メジャーエンブレムには離されたが、3着に0.2秒差をつけて2着は死守。馬体重が大幅に減っていたので、今回も大きく増えてきて欲しい。

「ハイブリッド指数」=《53》
馬体増=「-12kg」

7_3

10番ブランボヌールも阪神JFで3着と好走・函館2歳S以降、馬体が増えてこないので、成長力には欠ける印象。

「馬体重」=430kg台
8_2

2番デンコウアンジュは阪神JFで好位から伸び切れず。先行すれば持ち味を発揮できず、後方で脚を溜める形が合っているのかもしれない。

レース特記=「前行く×」
9_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アルテミスSでアルテミスSをマークして、2歳女王のメジャーエンブレムを差し切り勝ち。前走の末脚が本来のものではないはず。

2走前=上がり最速をマーク
10

8番エルビッシュは「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5傑入り。全5戦すべて4角5番手以内から、上がり2位以内をマーク。重賞でも先行力、末脚は通用するはず。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示

11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

5

<阪神11Rチューリップ賞の結果>
1着.11番シンハライト   (2人気)
2着.9番ジュエラー    (1人気)
3着.7番ラベンダーヴァレイ(10人気)