■天皇賞(春)を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年の天皇賞(春)の【ハイブリッド新聞】(成績版)
今年の天皇賞(春)の【ハイブリッド新聞】(タテ版)

12年の勝ち馬ビートブラックは1周目の1角を2番手で立ち回っているとはいえ、過去5年で先行馬で連対したのは同馬のみ。中団~後方追走から徐々にポジションを押し上げて、2周目の4角で8番手以内が連対の条件。

2週目の4角6番手以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「ハイブリッド指数」4番手以内が9連対。ノーマークの勝ち馬2頭は「推定前半3ハロン」4位に該当。「ハイブリッド指数」4番手以内か、人気薄なら「推定前半3ハロン」上位が勝利の条件。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

10
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

17番ゴールドアクターは昨年の支笏湖特別から5連勝中。有馬記念を制するなど、一戦ごとに「ハイブリッド指数」が上昇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_2

日経賞は58kgを背負って上がり最速をマークするなど、近4走すべて4角3番手以内から上がり4位以内をマーク。

4角3番手以内から上がり4位以内
3_3

1000m通過が64.7秒でも折り合いを欠くことはない。鞍上の意のままに動ける自在性は大きな武器となる。

1000m通過=64.7秒
レース特記=「P遅い○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手。現役では最上位に実力の持ち主。

「ハイブリッド指数」1番手=17番ゴールドアクター
6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

1番キタサンブラックは有馬記念で3着と健闘。大阪杯でも勝ち馬より2kg重い斤量を背負っていたので、「ハイブリッド指数」は《76》と高い。

「ハイブリッド指数」=《76》
4_2

菊花賞を制するスタミナがあるので、距離延長は全く問題ない。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9戦して5勝、3着を外したのは一度だけ。常に一線級相手に堅実に駆けているのは立派。

「全成績」=【5・1・2・1】
5_2

1番枠は「馬番別連対率」が《20%》と高く、絶好の枠を引いたのは大歓迎。

「馬番別連対率」=《20%》
2

8番シュヴァルグランは阪神大賞典で上がり最速をマークして快勝。上がり最速は上がり2位に0.6秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.6秒差)
6_2

2400m以上に距離を延ばして、5戦4勝、2着1回。すべて上がり2位以内をマークしている。長距離向きの末脚の持ち主。

2400m以上ではすべて上がり2位以内
7_2

福永騎手とのコンビで6戦6連対と好相性。「推定後半3ハロン」2位。G1でも末脚は通用するはず。

「推定後半3ハロン」2位=8番シュヴァルグラン
3

15番サウンズオブアースは未だに2勝馬の身だが、常に「ハイブリッド指数」=《70》超えをマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
8_2

「乗込指数」はメンバー中で最も高く、前走後も順調に乗り込めている。

「乗込指数」1位=15番サウンズオブアース

5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

9番トーホウジャッカルは阪神大賞典で7着と大敗。休み明けで息切れした形だが、右前の蹄が良化していたのは好材料。【直前情報】も参考にしたい。

「脚元コメント」=右前、エクイロックス外してくる。
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

10番アルバートは近3走すべて「ハイブリッド指数」=《70》超え。ルメールJの腕なら、馬券圏内は可能か。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
9_2

18番レーヴミストラルは軽い芝が得意で、京都記念は道悪で持ち味を発揮できず。京都は4戦して上がり最速が3回。後方で脚を溜めて、展開がハマるのを待つのみ。

レース特記=「芝軽い○」「渋馬場×」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番フェイムゲームは昨年は「推定後半3ハロン」5位に該当。

昨年の天皇賞(春)の「推定3ハロン」
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

7人気で2着に好走して、3連複5万馬券を演出。約30万円の払い戻しに貢献してくれた。

★昨年の3連複5万馬券★
3411
3連複 571.6×500円=28万5800円
購入5万6000円 払戻28万5800円

今年もダイヤモンドS以来のローテーションだが、58.5kgを背負って上がり最速をマーク。「ハイブリッド指数」は《75》と高く、年齢的な衰えは感じられない。再度の好走のチャンスは十分。

58.5kgを背負って上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《75》

10

「推定後半3ハロン」1位。長距離戦向きの末脚を秘めている。

「推定後半3ハロン」1位=5番フェイムゲーム
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

有馬記念の上位組が人気だが、当時も1~8着までが0.3差の接戦。展開、距離適性の高さで逆転があってよい。

「ハイブリッド指数」=《75》前後の争い
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】


過去3年の天皇賞(春)の【ハイブリッド新聞】(成績版)
今年の天皇賞(春)の【ハイブリッド新聞】(タテ版)


今年のG1は4レースが行われて「推定後半3ハロン」1位がフェブラリーS=ノンコノユメ(2着)、高松宮記念=ビッグアーサー(1着)、桜花賞=ジュエラー(1着)、皐月賞=マカヒキとすべて連対。天皇賞(春)も上がりが速いタイプが優勢??

フェブラリーSの「推定3ハロン」
3f_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★フェブラリーSの3連単万馬券★
28112_2
3連単 160.1×500円=8万50円
購入3万6000円 払戻8万50円


高松宮記念の「推定3ハロン」
3f_11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★単勝、3連複馬券★
2611
単勝 3.9×1万円=3万9000円
3連複 17.4×1500円=2万6100円
購入3万6000円 払戻6万5100円


桜花賞の「推定3ハロン」
1

★馬単、3連複馬券★
2611

皐月賞の「推定3ハロン」
N11

★皐月賞のワイド馬券★
3811
ワイド 4.5×2万円=9万円
購入4万円 払戻9万円

結果は → 成績新聞

Hb_5

<京都11R天皇賞(春)の結果>
1着.1番キタサンブラック (2人気)
2着.3番カレンミロティック(13人気)
3着.8番シュヴァルグラン (3人気)