■スプリンターズSを攻略するツボ■

2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年のスプリンターズSの【ハイブリッド新聞】(成績版)
【凱旋門賞】想定出走表 スポーツ報知
スポーツ報知の凱旋門賞の特設サイト


過去の傾向的には逃げ&先行馬が優勢だったが、近5年の勝ち馬はすべて上がり2~5位。エアレーション作業を導入した影響か、やや傾向は変わりつつある。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2~5位
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が1勝、2着2回。近3年は「推定後半3ハロン」1位は3年連続して連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

10
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番ビッグアーサーは休み明け初戦のセントウルSは前後半5傑入りに該当。

セントウルSの「推定3ハロン」
3f_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★枠連&ワイド1点★
4211
枠連 4.5×3万円=13万5000円
ワイド 2.3×2万円=4万6000円
購入5万円 払戻18万1000円

前後半33.1秒-34.5秒、前傾1.4秒のハイラップを押し切った。

前後半33.1秒-34.5秒、前傾1.4秒のハイラップ
3_2

「ハイブリッド指数」の《75》が示す通り、他馬より絶対能力が一枚上。

「ハイブリッド指数」=《75》
4_3

芝1200m戦では11戦して8勝、2着2回の抜群の安定感。

「距離実績」=【8・2・0・1】
1

ラストは確実に伸びるタイプ。時計の速い決着、ハイペースともに得意。前走は掛り気味に逃げたので、折り合いだけが課題か。

馬特記=「時計速○」「P速い○」「終い確実」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前後半5傑入り。春秋のスプリントG1制覇のチャンスは十分。

前後半5傑入り
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

15番ミッキーアイルは高松宮記念で2着。休養前の「ハイブリッド指数」的には1番ビッグアーサーとほぼ互角。

「ハイブリッド指数」=《74》
6_2

ダッシュ力があって、時計の速い決着も得意。

レース特記=「二脚速い」「高速場○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は6か月ぶりの実戦で仕上がりがカギ。果たして何処からの放牧帰りか注意したい。

シリウスSの「外厩シート」
Photo_12
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


そして、2010年はウルトラファンタジーが単勝「2930円」の10人気で逃げ切り勝ったとおり、【直前情報】も参考にしたい。

2010年の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番ブランボヌールはキーンランドCで「ハイブリッド指数」=《70》超え。小柄な牝馬なので、20kg増の大幅馬体増も好材料。

「ハイブリッド指数」=《70》
「馬体重」=438k(+20)

9

桜花賞、NHKマイルCは距離が長かったので、1200mがベストの距離。

レース特記=「距離長」「適距離」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実際、この距離では3戦3勝。1番ビッグアーサーと同じく、前後半5傑入り。53キロなら通用する可能性は高い。

「距離実績」=【3・0・0・0】
前後半5傑入り

5

武豊Jは中山1200mで複勝率が《47.6%》と高い。鞍上も含めて、魅力十分。


該当コース騎手成績
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番シュウジは1200m戦で2走連続して2着。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

この馬も1200m戦では連対を外していない。

「距離実績」=【1・2・0・0】
3

馬格のあるパワータイプなので、力の要る馬場の方が得意。初めての中山コースは向くはず。

馬特記=「渋馬場○」「芝重い○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」「乗込指数」は年長馬相手でも互角以上。

「追切指数」2位&「乗込指数」3位
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

16番ネロはアイビスSD、セントウルSで連続して2着。「ハイブリッド指数」は《68》が限界点。

「ハイブリッド指数」=《68》
13

6番ベルカントは3走連続して「ハイブリッド指数」=《70》をマーク。G1馬、強い3歳馬が多いので、勝ち負けまでは厳しいかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《70》
14

13番レッドファルクスは久々の芝のCBC賞を快勝。前後半33.8秒-33.4秒の後傾ラップだから、展開に恵まれたわけではない。上がり最速32.7秒は上がり2位に0.4秒差で抜けて速かったのは優秀。

前後半33.8秒-33.4秒の後傾ラップ

上がり最速(上がり2位に秒0.4差)
15

芝の1200m戦は2戦2勝と底をみせていない。ただし、負荷の軽い「南D」追いではG1を勝ち切るまでは厳しいはず。

「距離実績」=【2・0・0・0】
4

11番ダンスディレクターは重賞でも常に上位の上がりをマークしている。

常に上位の上がりをマーク
7

1200m戦は6戦2勝、2着3回の好成績。「推定後半3ハロン」1位。休み明け2走目は本来の末脚が発揮できてよい。

「距離実績」=【2・3・0・1】
「推定後半3ハロン」1位
2_2

「基準ハイブリッド指数」超えは1番ビッグアーサーだが、「ハイブリッド指数」的に3歳馬が例年以上にハイレベル。マカヒキの凱旋門賞を前にして、国内でも年長馬相手にひと泡吹かせる可能性は大いにアリ。

「ハイブリッド指数」的に3歳馬が例年以上にハイレベル
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_7

<中山11Rスプリンターズステークスの結果>
1着.13番レッドファルクス (3人気)
2着.15番ミッキーアイル  (2人気)
3着.4番ソルヴェイグ   (9人気)