■サウジアラビアRCを攻略するツボ■

さて、「サウジアラビアRC」を分析。

1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

2年前まで「いちょうS」のレース名で施行されて、昨年から名称が変更された。その昨年は1000m通過が59秒台の緩ペースで、中団から上がり33秒台をマークした3頭で決着。好位~中団から上位の上がりを使えるタイプが優勢。

好位~中団から上位の上がりを使えるタイプが優勢
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。「推定後半3ハロン」1位が1勝、2着3回、3着2回とすべて馬券絡み。「推定後半3ハロン」1位、2位ともに馬券絡みしたケースが4回もある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

3番クライムメジャーは中京1600mの新馬戦を快勝。

レース内容
2_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《44》は初戦としては高い。

「ハイブリッド指数」=《44》
3_4

レースラップのラスト3ハロン11秒台は優秀。

レースラップのラスト3ハロン11秒台
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は一息入れて、「ノーザンFしがらき」から放牧帰りの一戦。先週のスプリンターズSでも放牧帰りがワン・ツーを決めている。

サウジアラビアRCの「外厩シート」
5
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→外厩の予想記事はコチラから
コンビニでのみ販売中

休み明けでも「追切指数」が最も高く、仕上がりも良好。

「追切指数」1位=3番クライムメジャー
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」は抜けて速く、直線でどれだけ弾けるか楽しみ。

「推定3ハロン」断トツ1位=ピンク色で表示
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番ダンビュライトは初戦の中京1600mの新馬戦を0.8秒差で圧勝。

レース内容
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

初戦で「ハイブリッド指数」=《40》超えはひとつのボーダーライン。上がりは37.2秒も要していたが、メンバー中では最速。

「ハイブリッド指数」=《40》
上がり最速
6_3

渋った馬場は克服しているので、開幕週の瞬発力勝負がどうか。

レース特記=「渋馬場○」
7_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJは同舞台の複勝率が《43.7%》と高い。

該当コース騎手成績
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

1番ロジムーンは3走目で初勝利。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8_2

東京1600mは2戦しているのは好材料。ただし、上位2頭を逆転までは厳しいか。

「コース実績」=【0・2・0・0】
9_2

2番バリンジャーは函館2歳Sで上がり最速をマーク。1200mで2戦しているので、距離延長が課題。

函館2歳S上がり最速
1200mで2戦
10_2

6番ブレスジャーニーは2戦目でロジセンスに先着して初勝利。最後は余力を残していたほど。

レース内容
レース特記=「直余力有」

11_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦ともに上がり最速をマーク。特に初戦の上がりは2位に1.1秒差で抜けて速かったほど。瞬発力は重賞でもヒケを取らないはず。

2戦ともに上がり最速をマーク
初戦は上がり最速(上がり最速に1.1秒差)

12_3

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

昨年の【直前情報】
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb_6

<東京11Rサウジアラビアロイヤルカップの結果>
1着.6番ブレスジャーニー (3人気)
2着.7番ダンビュライト  (2人気)
3着.3番クライムメジャー (1人気)