■札幌2歳Sを攻略するツボ■

先々週の札幌記念の勝ったネオリアリズムは「ノーザンF空港」、2着モーリスは「ノーザンファーム」からの放牧帰り。

札幌記念の「外厩シート」

1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
(→「外厩シート」の見方はコチラから)


そして、キーンランドCも放牧帰りの2頭で決着。近年は放牧帰り(特に夏場は??)がよく走る。

キーンランドCの「外厩シート」
Photo
「外厩シート」の購入方法はコチラから
(→「外厩シート」の見方はコチラから)


明日の札幌2歳Sも何頭も該当しているが、そのうちの「社台系」からの放牧帰りは3番インヴィクタ、4番トリオンフ、12番アドマイヤウイナーの3頭。相手には加えておきたいところ。

札幌2歳Sの「外厩シート」
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
(→「外厩シート」の見方はコチラから)


【先週分の無料サンプル】
「外厩」一覧PDF版 8/27
(「外厩」に詳細な内容は「JRDV.sp」り)


さて、明日の「札幌2歳S」を今度は【ハイブリッド新聞】的に分析。

2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

「4角先頭馬」の連対はないものの、4角5番手以内が7連対を占める。一方で、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。「上がり最速馬」が3連勝中。

近3年は「上がり最速馬」が3連勝中
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」2位、1位がワン・ツー。近6年で「推定後半3ハロン」2位以内が3勝。毎年、「推定後半3ハロン」1位か2位のどちらかは馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

8番タガノアシュラの初戦は余力を残しながら、レコードを大幅に更新。

レース特記=「完勝」「直余力有」
備考=「レコード大幅更新。」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

逃げて上がり最速をマーク。上がりは2位に0.6秒差で抜けて速かったほど。502kgと馬格があるのも大物感の証明か。

4角先頭→上がり最速
「馬体重」=502kg

3_4

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。重賞でもチャンスは大きい。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
3

3番インヴィクタは初戦は札幌1800m戦を勝利。着差こそクビ差ではあったが、「ハイブリッド指数」=《40》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《40》
4_3

初戦は出遅れて後方からだったので、スタートに課題は残る。

レース特記=「スタ悪い」
レース内容=「出遅れ後方」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJは札幌1800mの複勝率は《50%》超えだから、鞍上の腕による部分が大きい。

該当コース騎手成績
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

10番ディープウォーリアも初戦は札幌1800mを勝利。4角先頭から上がり最速だから、完勝といっていい。

4角先頭→上がり最速
5_4

レースラップのラスト1F11.7秒も評価できる。

レースラップのラスト1F11.7秒
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ブラックオニキスは未勝利戦、クローバー賞を連勝。ただし、8頭中、6頭が地方馬を占めており、メンバーレベルは低く、「ハイブリッド指数」は未勝利レベルでしかない。

「ハイブリッド指数」=《38》
7

地方から参戦のクローバー賞2着馬トラストに関しても同様のことがいえる。

「ハイブリッド指数」=《36》
8_2

12番アドマイヤウイナーの初戦は4角でゴチャつくロスがあったが、直線は馬群の間を縫って伸びてきた。前走からの上積みは大きい。

レース内容
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」1位、「乗込指数」2位。調教的には今回のメンバー中で一番。

「追切指数」1位&「乗込指数」2位
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

4番トリオンフは初戦は0.1秒差の辛勝。ただし、レースラップのラスト2ハロン11秒台なら上々。まだ底を見せた勝ち方ではない。

レースラップのラスト2ハロン11秒台
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番コリエドールの初戦は2着サトノアレスとの叩き合いを制して勝利。レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.4秒は見た目以上に余力を残した勝ち方。

レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.4秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。勝ち時計、見た目のインパクトでは初戦レコードで圧勝の8番タガノアシュラに見劣るが、末脚では負けていない。

「推定後半3ハロン」1位=9番9番コリエドール
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

昨年の札幌2歳Sは「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。馬連、3連複が本線で的中して、7万円超えの払い戻し。今年も堅いのか??荒れるのか??

「推定後半3ハロン」1位=2位で決着
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

昨年は○◎で決着
2511
馬連 8.8×2000円=1万7600円
3連複 58.1×1000円=5万8100円
購入2万7500円 払戻7万5700円

結果は → 成績新聞

Hb_8

<札幌11R札幌2歳ステークスの結果>
1着.5番トラスト     (5人気)
2着.13番ブラックオニキス (10人気)
3着.12番アドマイヤウイナー(7人気)