■ローズSを攻略するツボ■

「ローズS」は昨年は「推定後半3ハロン」3位のタッチングスピーチ、1位のミッキークイーンで決着。

昨年は「推定後半3ハロン」3位、1位で決着
Photo

馬券は馬連&3連複が的中。

★馬連&3連複が的中★
4411
馬連 17.6×2000円=3万5200円
3連複 36.7×500円=1万8350円
購入3万1000円 払戻5万3550円


果たして今年も的中なるか。

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。重馬場だった13年を除いて、連対馬の上がりはすべて33秒台で一致。実力がストレートに反映される舞台。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当。上がり順位が結果に直結するレースといえる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

7番シンハライトは桜花賞はハナ差で2着に敗れたが、オークスで雪辱を晴らしてG1制覇。春の時点で「ハイブリッド指数」は《60》を超えている。

「ハイブリッド指数」=《60》超え
1_5

ディープ産駒らしく、時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「上が速○」「瞬発力○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦して一度も連対を外していない安定感も強調材料。

「全成績」=【4・1・0・0】
2_3

「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位。死角らしい死角は見当たらない。

「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位
1_3

6番ジュエラーは桜花賞で7番シンハライトに勝利。4戦すべて上がり最速をマークしている。

4戦すべて上がり最速
3_4

デムーロJは阪神外回り1800mの複勝率が《50%》超えと圧巻。

該当コース騎手成績
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

骨折休養明けで仕上がりが最大のカギ。【直前情報】も参考にしたい。

セントウルSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番アットザシーサイドはオークスで11着と大敗。手前を替えておらず、距離も長かったか。

レース特記=「手前替×」「距離長」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

桜花賞で「ハイブリッド指数」《60》超えだから、前走が力負けではない。巻き返しを一考。

「ハイブリッド指数」=《61》
4_3

12番デンコウアンジュは「ハイブリッド指数」が《50》台で停滞気味。

「ハイブリッド指数」=《50》台後半
5_3

オークスでは接触する不利があっての敗戦。馬券圏内ならチャンスはあるか。

レース特記=「他馬接触」「不利」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ラベンダーヴァレイは小倉1200mの500万下を快勝。行きたがる面がネックなので、一気の距離延長で折り合えるかが微妙。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番アドマイヤリードは桜花賞で上がり2位をマークして5着と健闘。

桜花賞で上がり2位をマーク
6_2

400kg台の小柄な牝馬なので、オークスは距離が長かった。距離短縮なら見直せる。

レース特記=「距離長」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番レッドアヴァンセはチューリップ賞で大幅に馬体が減って、その後は目一杯に仕上げられず。

チューリップ賞で「-14kg」の大幅馬体減
7_2

ラストまで伸び切れなかった最大の原因。休み明けで上積みは大きいはず。

レース特記=「良脚少し」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位の7番シンハライトを中心として、6番ジュエラー、13番アドマイヤリード、5番レッドアヴァンセ、4番アットザシーサイドまで5傑入り。

「推定後半3ハロン」1位=7番シンハライト
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_8

<阪神11Rローズステークスの結果>
1着.7番シンハライト   (1人気)
2着.1番クロコスミア   (11人気)
3着.3番カイザーバル   (6人気)