■ラジオNIKKEI賞を攻略するツボ■

Nikkei
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「4角先頭馬」の馬券絡みは1頭。4角10番手以降も1連対だから、あまり後方過ぎては届かない。ただし、「上がり最速馬」が3勝、過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。上位の上がりは要求される。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

軸馬は後半上位◎○からの選択。過去4年中3回は「後半」印◎○からの勝ち馬。「前半」上位は人気噂を相手に。前走で2000m以上+1桁人気。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

16番ブラックスピネルは白百合Sで3勝目。2200mの2戦は折り合いを欠き気味だったので、距離短縮がよかった。

レース特記=「掛り気味」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

先行力があって、上がりも速いタイプ。

4角4番手以内、上がり3位以内
3_3

前後半5傑入り。小回りの福島コースも問題ない。

前後半5傑入り
1_3

15番アーバンキッドはNHKマイルCで16着。メジャーエンブレムの1000m通過57.7秒のハイペースを追走したので仕方のない面は大きい。

1000m通過=57.7秒
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

毎日杯で2着しているとはいえ、近走の「ハイブリッド指数」は古馬500万並みの《52》が最高。あまり過剰な評価は禁物。

「ハイブリッド指数」=《51》
4_2

4番ジョルジュサンクは白百合Sで4着。上がりの速い決着は得意ではない。

レース特記=「上が速×」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

すみれS勝ちがあるとはいえ、この馬も「ハイブリッド指数」は高くはないので、ハンデ56kgは見込まれた印象を受ける。

「ハイブリッド指数」=《53》
5

1番ゼーヴィントは未勝利、山藤賞を連勝して、プリンシパルSで3着。近4走すべて上がり最速をマークしている。

近4走すべて上がり最速
6

戸崎騎手が騎乗した2走前がスムーズなレース。鞍上が強力。

レース特記=「折合○」
レース内容=「4番手でピタリ折り合い」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。直線で豪快に伸びて差し切るか。

「推定後半3ハロン」1位=1番ゼーヴィント
F11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

12番ロードヴァンドールは近走はすべて先手を奪っている。

4角先頭
7

土曜の芝は7クラあって、「4角先頭馬」が6連対と圧倒している。開幕週の絶好馬場なら、一気の逃走劇もあり得るか。

「4角先頭馬」=【3・3・0・1】
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

調教では最も動いている。

「追切指数」1位&「乗込指数」3位
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番アップクォークは休み明けの早苗賞で上がり最速をマークして差し切り勝ち。18kgの大幅馬体増は成長分も大きかったはず。

上がり最速をマーク
馬体重=「502(+18)」

9

「推定後半3ハロン」3位。軽ハンデ53kgは恵まれた印象。

「推定後半3ハロン」3位=3番アップルクォーク
F11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定後半3ハロン」2位は6番ダイワドレッサー。「ハイブリッド指数」2番手の割りにはあまりにも人気がなさ過ぎる。

「ハイブリッド指数」2番手、「推定後半3ハロン」2位
2_4

結果は → 成績新聞

Hb_11

<福島11RラジオNIKKEI賞の結果>
1着.1番ゼーヴィント   (1人気)
2着.6番ダイワドレッサー (9人気)
3着.15番アーバンキッド  (5人気)