■オーシャンSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が1勝、2着2回、3着2回とすべて馬券絡み。先行有利な1200m戦にしては差し届く傾向はある。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手の3頭が馬券絡み。「推定前半3ハロン」5位以内、「推定後半3ハロン」5位以内が3勝ずつ。あまり「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」が得意な重賞ではないか。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

16番アルビアーノは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。4歳馬でキャリア浅く、まだ伸びシロは大きい。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
2

マイルCSは掛り気味だったので、距離短縮は好材料かもしれない。ただし、初距離で1人気は人気し過ぎの感はある。

レース特記=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】も参考にしておきたい。

中山記念の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

3番ネロは京洛S、ラピスラズリSとオープン特別を2勝。

「ハイブリッド指数」=《68》《70》
4

中山1200mは5戦2勝、2着2回と好相性。

「コース実績」=【2・2・0・1】
5

11番エイシンブルズアイは洛陽Sで上がり最速をマークして2着。マイル戦に対応できたのは収穫。

洛陽Sで上がり最速をマーク
6

淀短距離Sを勝っているとおり、1200mにも実績がある。「推定後半3ハロン」1位。直線は馬群をさばいて伸びてくるか。


「距離実績」=【2・1・0・4】
「推定後半3ハロン」1位

3_3

6番ゴールドペガサスはカーバンクルSで2着。メンバーには恵まれていたので、「ハイブリッド指数」は《65》と低く、どれだけ上積みを加えられるか。

「ハイブリッド指数」=《65》
7

2番ハクサンムーンは近2走は追って甘い面を見せており、やや年齢的にピークを過ぎた感はある。

レース特記=「追って甘」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも、G1でも先手を奪えるダッシュ力は脅威。

G1で先手を奪うダッシュ力
9

「推定前半3ハロン」1位。逃げ馬は内を通れるアドバンテージは大きいので、楽に逃がすと簡単には止まらないか。

「推定前半3ハロン」1位=2番ハクサンムーン
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「基準ハイブリッド指数」の《68》前後で大混戦。展開、馬場次第で結果は大きく変わるか。大荒れが想定できる。

「基準ハイブリッド指数」の《68》前後で大混戦
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_6

<中山11Rオーシャンステークスの結果>
1着.11番エイシンブルズアイ(5人気)
2着.2番ハクサンムーン  (4人気)
3着.7番スノードラゴン  (8人気)