■日経賞を攻略するツボ■

Photo_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」は3勝。12年こそ重馬場を味方にネコパンチが逃げ切ったが、連対馬の8頭までが上がり3位以内をマーク。長距離戦向きの持久力ある末脚が要求される。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。近3年は「推定後半3ハロン」4位以内が勝利している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番ゴールドアクターは有馬記念で3番手から抜け出して初G1制覇。近走はすべて4角3番手から、上がりも3位以内をマークしている。

4角3番手→上がり3位以内
1_8

レースセンスがよく、折り合いに不安がない。スタミナもあるので、長距離戦は向いている。

レース特記=「R振スム」「スタミ○」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」2位、「推定後半3ハロン」3位に該当。他馬の出方次第では先手を奪う可能性あり。

「推定前半3ハロン」2位、「推定後半3ハロン」3位
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

有馬記念以来の実戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

阪神大賞典の【直前情報】
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番サウンズオブアースはG1でも勝てるくらいの「ハイブリッド指数」をマークしている。9番ゴールドアクターと2キロの斤量差があるので、卓上計算では逆転可能。

「ハイブリッド指数」=《74》
2_5

今回も有力馬の1頭には違いない。2勝しかあげておらず、勝ち味に遅い点がどうか。

「全成績」=【2・6・1・6】
3_5

2番マリアライトは近2走は2200m以上で好走。「ハイブリッド指数」は《73》と高い。

「ハイブリッド指数」=《73》
4_4

牝馬にしてはスタミナがある。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番アルバートはステイヤーズSを上がり最速をマークして圧勝。すべて上がり2位以内をマークして4連勝で初重賞制覇を決めた。

ステイヤーズSで上がり最速をマークして圧勝
5_4

有馬記念は外を回るロスなど考えれば、11着とはいえ「ハイブリッド指数」=《72》と高い。

「ハイブリッド指数」=《72》
6_4

スタミナがあって、上がりの掛かる中山は向いている。中2週と間隔が詰まっていた有馬記念より、今回の方がデキもよいはず。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。末脚は有馬記念上位組にもヒケを取らない。

「推定後半3ハロン」1位
1_3

「基準ハイブリッド指数」超えが5頭。少頭数とはいえ、G1並みにハイレベル。天皇賞(春)に向けて注目の一戦。

「基準ハイブリッド指数」超えが5頭
Photo_11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_8

<中山11R日経賞の結果>
1着.9番ゴールドアクター (2人気)
2着.4番サウンズオブアース(1人気)
3着.2番マリアライト   (4人気)