■中山記念を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年は前半36~37秒台とペースが上がっておらず、「4角先頭馬」はキャプテントゥーレ(11年=2着)、シルポート(12年=2着、13年=3着)、ロゴタイプ(15年=2着)と計4頭が馬券絡み。勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。

その一方、「上がり最速馬」が11年ヴィクトワールピサ、12年フェデラリスト、14年ジャスタウェイ、15年ヌーヴォレコルトと4勝。好位~中団から上がり最速をマークするのが必勝パターン。

過去5年で「上がり最速馬」が4勝
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

5番人気以内で1~3着が基本。それ以下の人気で圏内に入ってくるのは「◎」持ちの馬。ここでは前半「◎」のシルポートが2年連続で人気薄での圏内。同馬以外は全て人気上位。

1番人気が脆く、ヴィクトワールピサが1倍台+M・デムーロ騎手騎手で勝利した以降は3着以内なし。勝ち馬は「後半」から。HB「◎」は過去5年中で4勝と別格扱い。

相手を見れば馬場状態の差はあれど開幕週らしく「前半」上位が目立つ傾向。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番ドゥラメンテは皐月賞で上がり最速をマークして快勝。上がり2位に0.6秒差で抜けて速かった。

上がり最速(上がり2位に0.6秒差)
2

そして、ダービーをレースレコードで快勝。3歳春の時点で「ハイブリッド指数」=《70》超えは秀逸。

「ハイブリッド指数」=《71》
3

3歳春の共同通信杯で折り合いを完全に欠きながら2着した時点で、既にG1級の能力を示していたか。

レース特記=「折合×」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9ヶ月の骨折休養明けだから、言うまでもなく、仕上がりが最大のカギ。【直前情報】を参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番リアルスティールは昨秋は神戸新聞杯、菊花賞で連続して2着。「ハイブリッド指数」は《70》に到達した。

「ハイブリッド指数」=《70》
4

行きたがる面があるので、距離短縮は大歓迎。実際、1800m戦は3戦3連対の好成績。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」5位、「推定後半3ハロン」3位。近走は折り合いを意識してか中団からのレース運びだが、本来は先行力がある。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番イスラボニータは昨秋は3戦すべて3着。詰めの甘さは残るものの、「ハイブリッド指数」は《70》超えで安定している。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6

「ハイブリッド指数」は最も高い。

「ハイブリッド指数」1番手
4

「追切指数」「乗込指数」ともに2位となっており、メンバー中で最も仕上がりはよい。

「追切指数」2位&「乗込指数」2位
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番ロゴタイプは「推定前半3ハロン」2位。昨年のこのレースで2着して、6番イスラボニータに先着。

「推定前半3ハロン」2位
21

朝日杯FS、皐月賞勝ちを含めて、中山コースは7戦3勝、2着2回、3着1回と好相性。

「コース実績」=【3・2・1・1】
11

5番フルーキーはチャレンジC、中山金杯で上がり2位。古馬の一線級相手では見劣る印象は否めない。

上がり2位
12

7番ラストインパクトはジャパンCで上がり2位をマークして2着。

ジャパンCで上がり2位
13

デキが落ち気味だった有馬記念の大敗は度外視できるか。ベリーJが騎乗するのは魅力。

レース特記=「デキ一息」
14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番アンビシャスは天皇賞(秋)で5着と善戦。折り合いを欠くシーンがあったのが惜しかった。

レース特記=「掛り気味」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラジオNIKKEI賞、毎日王冠では上がり最速をマーク。この距離なら同世代の9番ドゥラメンテ、2番リアルスティールとも戦えてよい。

ラジオNIKKEI賞、毎日王冠で上がり最速
9

先週のフェブラリーSは7番ノンコノユメから3連単の「1着固定」「2着固定」で購入。

★3連単万馬券★
28112_2
3連単 160.1×500円=8万50円
購入3万6000円 払戻8万50円

「推定後半3ハロン」4位→1位で決着して、3連単万馬券が的中。

フェブラリーSの「推定3ハロン」
3f_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

「推定後半3ハロン」1位にルメールJが騎乗すれば、馬券的には信頼度が高い。10番アンビシャスに期待を懸けてみる手はあるか。

「推定後半3ハロン」1位=10番アンビシャス
N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

11頭立てと頭数は落ち着いたとはいえ、「基準ハイブリッド指数」超えが7頭。G1級にレベルが高い一戦。

「基準ハイブリッド指数」超えが7頭
2_3

結果は → 成績新聞

Hb_16

<中山11R中山記念の結果>
1着.9番ドゥラメンテ   (1人気)
2着.10番アンビシャス   (4人気)
3着.2番リアルスティール (2人気)