■マイルCSを攻略するツボ■

先週のエリザベス女王杯は「推定後半3ハロン」2位のクイーンズリングが勝って、「推定後半3ハロン」1位はミッキークイーンは3着を確保。「推定前半3ハロン」1位のシングウィズジョイが12人気で2着。

「推定3ハロン」2位以内の3頭で決着
3f_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連単こそ的中ならなかったが、3連複「20680円」の2万馬券が的中して、20万円超えの払い戻し。

★3連複2万馬券★
5411_2
3連複 206.8×1000円=20万6800円
購入5万7000円 払戻20万6800円


秋のGⅠ5レースの勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」3位以内に該当。エリザベス女王杯では「推定後半3ハロン」4位のマリアライトが傾向を打ち破れず。

スプリンターズSの「推定3ハロン」
3f_3

秋華賞の「推定3ハロン」
1

菊花賞の「推定3ハロン」
2

天皇賞(秋)の「推定3ハロン」
3

エリザベス女王杯の「推定3ハロン」
3f_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

今週のマイルCSも「推定後半3ハロン」3位以内に該当が勝利の条件か。

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。前半33秒台後半~34秒台とペースが速くなって、展開的には差し&追い込み馬に有利になるケースが多い。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

そして、近3年はディープインパクト産駒が連対しており、同産駒は京都外回りの瞬発力勝負で抜群の強さを発揮する。

レース特記=「上が速○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。そして、近5年は連対馬の1頭も「推定前半3ハロン」5位以内に該当していない。近6年で5回は「推定後半3ハロン」1位、2位のいずれかが馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番サトノアラジンは休み明けのスワンSを快勝。京都の軽い芝は得意。

レース特記=「芝軽い○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて上がり2位以内、上がり32~33秒台をマークしている。昨年より瞬発力が増している。

上がり2位以内、上がり32~33秒台
3_3

「ハイブリッド指数」1番手。今年は初G1制覇のチャンス。

「ハイブリッド指数」1番手
3

8番イスラボニータは昨年のマイルCSで3着。近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超えをマークしている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
4_3

ただし、3歳秋のセントライト記念以来、2年も勝利がなく、勝ち切るまでは厳しいはず。

「全成績」=【6・3・4・5】
5_3

5番ヤングマンパワーは準オープン、関屋記念、富士Sと3連勝。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇しており、4歳秋にして充実一途。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

時計の速い決着は問題ないので、京都の上がりの速い決着がどうか。

レース特記=「時計速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番ミッキーアイルは近3走の「ハイブリッド指数」=《70》超えは1200m~1400mでマークしたもの。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_2

1600m戦はデビュー2戦目から5連勝しているが、その後は3戦すべて二桁着順。「推定前半3ハロン」5位以内が連対していない傾向も不向き。

「距離実績」=【5・1・0・3】
「推定前半3ハロン」1位

4_2

4番ロードクエストは富士Sで1人気ながら9着と大敗。外枠で外を回るロスが大きかった。

レース特記=「大外回る」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

初の年長馬相手の京成杯AHで上がり最速をマークして快勝。1600m戦はNHKマイルC2着をはじめ、5戦4連対の好成績。

「距離実績」=【3・1・0・1】
5

「出遅れ率」が《78%》と高く、スタートが遅いのは仕方ない。

「出遅れ率」=《78%》
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定後半3ハロン」1位。折り合い面、展開に注文がつくタイプだが、モーリスがいないマイル路線なら末脚は通用してよい。

「推定後半3ハロン」1位=4番ロードクエスト
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

7番フィエロは2年連続して2着。スワンSはスタートで躓くロスが堪えた。

レース特記=「躓く」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

安田記念で上がり最速をマークして3着。7歳という年齢ほど衰えはない。

安田記念で上がり最速
10

15番ネオリアリズムは札幌記念でモーリス、レインボーラインを完封。「ハイブリッド指数」=《73》はフロックでは出せない数値。

「ハイブリッド指数」=《73》
11_2

折り合いに不安のあるタイプだから、1600m戦は向くかもしれない。

馬特記&レース特記=「行たがる」「掛かる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番サトノルパンも折り合いに不安がある。逆に1ハロンの距離延長は大きなマイナス。

馬特記&レース特記=「行たがる」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番マジックタイムはダービー卿CT、関屋記念で上がり最速をマーク。牡馬相手でも瞬発力は通用する可能性あり。

ダービー卿CT、関屋記念で上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《71》が最高

12

17番ガリバルディの富士Sは前後半36.3秒-34.2秒、後傾2.1秒の超スローペースが不向きだった。

前後半36.3秒-34.2秒(後傾2.1秒の超スローペース)
上がり最速をマーク

13

近2走は上がり最速をマーク。後方で脚を溜める形は合っている。

近2走は上がり最速をマーク
14

軽い芝が得意なディープ産駒。京都では6戦して一度しか馬券圏内を外していない。大駆けを警戒しておきたい。

「距離実績」=【2・1・2・1】

15

結果は → 成績新聞

Hb_7

<京都11Rマイルチャンピオンシップの結果>
1着.16番ミッキーアイル  (3人気)
2着.8番イスラボニータ  (2人気)
3着.15番ネオリアリズム  (7人気)