■レパードSを攻略するツボ■

過去5年の勝ち馬の4頭が4角2番手。そして、勝ち馬は「上がり最速馬」の3勝を含めて、すべて上がり4位以内。直線が長い新潟とはいえ、先行力が必要不可欠。

好位抜け出しが必勝パターン
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の連対馬の7頭が「ハイブリッド指数」3番手以内。実力差が大きく、成績にストレートに反映されやすいレースといえる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番ケイティブレイブは先行力があって、スタミナもあるタイプ。

レース特記=「先行力○」「スタミ○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

兵庫チャンピオンシップ、ジャパンダートダービーと好走。地方交流重賞のレースレベルは「ハイブリッド指数」で判断できる。

地方交流重賞の「ハイブリッド指数」
2_2

その点、「ハイブリッド指数」は抜けて高い訳ではなく、他馬にも付け入るスキはある。

「ハイブリッド指数」2番手
1

6番グレンツェントはユニコーンSで0.5秒差の3着とはいえ、上がり最速をマークしたのは立派。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《64》

3_4

「推定後半3ハロン」断トツ1位。1800m戦は3戦2勝、2着1回だから、距離延長は向くはず。

「推定後半3ハロン」断トツ1位
「距離実績」=【2・1・0・0】
2_2

1番レガーロは兵庫チャンピオンシップで4着。ズブくて加速が遅いので、小回りコースは向かない。

馬特記=「加速遅い」「ズブイ」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3ヵ月ぶりで成長しているかどうか。【直前情報】も参考にしたい。

クイーンSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番ピットボスはユニコーンSでグレンツェントとクビ差の4着。「ハイブリッド指数」は高いので、人気薄なら妙味あり。

「ハイブリッド指数」=《64》
5_2

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。4番ケイティブレイブ、6番グレンツェント相手でも通用するはず。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
4_2

今回は内田Jへの乗り替わりとなるが、新潟1800mの複勝率が《44.6%》と高い。

該当コース騎手成績
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

2番ネクストムーブの前走は4角先頭→上がり最速をマークして快勝。3戦すべて4角2番手以内から、上がりも3位以内と速い。

4角先頭→上がり最速をマーク
6_2

キャリアは3戦と浅く、伸びシロが見込める。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_3

7番ピットボスと並んで、前後半5傑入りに該当。重賞でもチャンスはある。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
 N11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_13

<新潟11Rレパードステークスの結果>
1着.6番グレンツェント  (2人気)
2着.5番ケイティブレイブ (1人気)
3着.1番レガーロ     (6人気)