■京都2歳Sを攻略するツボ■

「京都2歳S」を分析。

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

今年のジャパンCの【ハイブリッド新聞】(前日版)

例年は10頭前後の少頭数で道中はペースが上がらず、直線だけの瞬発力勝負となるケースがほとんど。過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内→上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内→上がり5位以内
7_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の馬券絡みは2頭。勝ち馬の4頭は「ハイブリッド指数」4番手以内。上位馬のなかで上積みが大きな馬を探したい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

6
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番ヴァナヘイムの初戦は追うところなく大楽勝。

レース内容=「直線追うところなく楽勝。」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦目はレースラップのラスト3F11.4秒-11.5秒-11.5秒だから、2番手から抜け出した勝ち馬に届かなかったのは仕方ない。

レースラップのラスト3F11.4秒-11.5秒-11.5秒

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦ともに上がり最速をマークしており、ラストは堅実に伸びるタイプ。

2戦ともに上がり最速をマーク

1_6

レースセンスがよいので、距離延長、乗り替わりも問題ない。

レース内容=「R振スム」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番プラチナヴォイスは萩Sで9番ヴァナヘイムに勝利。京都の軽い芝、上がりの速い決着が得意。2走前に大きく出遅れているので、今回もスタートがカギ。

レース特記=「時計速○」「芝軽い○」「スタ悪い」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。3連勝で初重賞制覇のチャンスは十分ある。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
1_6

2番ダノンディスタンスの初戦の「ハイブリッド指数」の《40》は及第点。2戦目でどれだけ上積みがあるか。10番ベストアプローチについても同様。

「ハイブリッド指数」=《40》
2_7

3番カデナは3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速をマーク
3_5

特に百日草特別のレースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒は秀逸。

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒

8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディープ産駒らしい瞬発力がある。2000mを経験しているのは強み。

レース特記=「上が速○」「瞬発力○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。好素材がそろった今年のメンバーのなかでも瞬発力は最上位。

「推定後半3ハロン」1一戦=3番カデナ
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

4番ソーグリッタリングは3戦目で未勝利を勝利。折り合いに不安があるので、距離延長は不安材料。

レース特記=「掛り気味」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

M.デムーロJの腕次第の面は大きい。

該当コース騎手成績
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番アダムバローズは紫菊賞を逃げ切り勝ち。「推定前半3ハロン」は抜けて速く、逃げ残りを警戒しておきたい。

「推定3ハロン」断トツ1位=濃いオレンジ色で表示
3_2

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

東京スポーツ杯2歳Sの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

今年のジャパンCの【ハイブリッド新聞】(前日版)

結果は → 成績新聞

Photo_34

<京都11R京都2歳ステークスの結果>
1着.3番カデナ      (3人気)
2着.9番ヴァナヘイム   (1人気)
3着.10番ベストアプローチ (6人気)