■小倉記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内。2年前は1分57秒1のコースレコードで決着するなど、1分57秒台が3回と時計が速いのも特徴。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」上位はあまり好走していない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

11番ダコールは近走は「ハイブリッド指数」《60》台後半をマーク。

「ハイブリッド指数」《60》台後半
2_3

上がりも3位以内と速く、8歳でも末脚に衰えはない。

上がり3位以内
3_5

58kgのトップハンデでも「推定後半3ハロン」1位。今回の上位争いには加わるか。

「推定後半3ハロン」1位
トップハンデ=赤色で表示
2

1番サトノラーゼンは近2走は「ハイブリッド指数」=《60》台前半と低迷している。

「ハイブリッド指数」=《60》台前半
4_3

2000mは5戦して3着以内が4回。距離はベストに思える。

「距離実績」=【2・1・1・1】
3

あとはデキが戻っているかどうか。【直前情報】も参考にしたい。

クイーンSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番アングライフェンは降級2戦目のマレーシアCを快勝。3着以下を大きく離しており、「ハイブリッド指数」は《65》と高い。

「ハイブリッド指数」=《65》
5_3

折り合いを欠き気味のタイプなので、小回りの小倉は合うかもしれない。

レース特記=「掛かる」「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」2位。末脚は重賞でも通用する。小倉に滞在して、軽めの調整がどうでるか。

「推定後半3ハロン」2位
「追切指数」=《0》

4

川田J、浜中Jは複勝率が《40%》超えと高い。

該当コース騎手成績
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番ベルーフは折り合い面、スタートなど、気性的に若い面が目立つ。

馬特記=「気性若い」
レース特記=「掛り気味」「スタ悪い」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

小倉記念は3歳時に2着したレース。得意の舞台で一変なるか。

「コース実績」=【0・1・0・1】
5

8番テイエムイナズマは「追切指数」、「乗込指数」とも1位。仕上がりはメンバー中でもっともよい。

「追切指数」1位&「乗込指数」1位
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

ただし、2000mは5戦すべて4着以下。

「距離実績」=【0・0・0・5】
6

折り合い面に不安があるので、距離延長はマイナス材料。

馬特記&レース特記=「行たがる」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番マーティンボロは一昨年の小倉記念で2着。小倉は6戦3勝、2着1回と好相性。

「コース実績」=【3・1・0・2】
6_4

12番プランスペスカはレコード決着の鳴尾記念で0.1差の3着と健闘。

レース特記=「時計速○」
備考=レコード決着

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースレベルも高く、「ハイブリッド指数」は《69》と高かった。

「ハイブリッド指数」=《69》
7

「推定前半3ハロン」5位、「推定後半3ハロン」5位。軽ハンデ53キロは有利に映る。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

過去10年で3連複で万馬券決着が7回の荒れるハンデ戦。今年は12番プランスペスカが波乱を演出するか。

12頭立てのハンデ戦
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の上部

結果は → 成績新聞

Hb_12

<小倉11R小倉記念の結果>
1着.3番クランモンタナ  (11人気)
2着.5番ベルーフ     (4人気)
3着.2番エキストラエンド (6人気)