■小倉2歳Sを攻略するツボ■

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年すべて前傾1秒9以上のハイラップを刻んでいる。2連続開催の最終日でもあるので、直線が短い平坦コースの短距離戦とはいえ、差し&追い込み勢の好走が目立つ。

過去5年すべてハイペース
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

特に今年は馬場悪化の影響も気になるところ。【コメント新聞】「渋馬場○」「芝重い○」かどうかは確認が必要。

レース特記=「芝重い○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が2勝、2着2回。初戦のパフォーマンスの高さが重要。「ハイブリッド指数」的には《40》超えがボーダーラインか。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番クインズサリナは新馬、フェニックス賞を連勝。420kgの小柄な牝馬だから、小回りの1200m戦は向いている。

「馬体重」=420kg
2_5

実力が抜けている訳ではないが、「ハイブリッド指数」は《43》程度だから、チャンスのある1頭ではある。

「ハイブリッド指数」=《43》
2_6

4番レーヌミノルは初戦の小倉1200m戦で4角3番手から、上がり2位をマークして快勝。

4角3番手→上がり2位
3_5

ゴール前は押さえる余裕をみせており、見た目以上の完勝だった。

レース特記=「完勝」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《40》のボーダーラインを超えている。鞍上も小倉が得意な浜中Jなら頼りになる。

「ハイブリッド指数」=《41》
3_6

やはり小倉は浜中J、川田Jの複勝率が高い。

該当コース騎手成績
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

3番カシノマストはフェニックス賞2着の後、九州産限定のひまわり賞を1.2秒差の大楽勝。「ハイブリッド指数」は《46》だから、メンバー中では最高の数値。

「ハイブリッド指数」=《46》
4_4

11番メイソンジュニアは逃げて、上がり2位で快勝。「ハイブリッド指数」=《40》だから、ボーダーラインには達している。2戦目の上積みも見込める。

「ハイブリッド指数」=《40》
5_5

8番オールポッシブルは初戦は中団から抜け出して快勝。

レース内容
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がり最速34.1秒は上がり2位に0.7秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
6_3

「推定後半3ハロン」1位。末脚は重賞でも通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位=8番オールポッシブル
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

時計の掛かる中京で好走しているのは強みといえる。

レース特記=「芝重い○」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

結果は → 成績新聞

Hb_8

<小倉11R小倉2歳ステークスの結果>
1着.4番レーヌミノル   (1人気)
2着.2番ダイイチターミナル(10人気)
3着.3番カシノマスト   (4人気)