■神戸新聞杯を攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

「上がり最速馬」は2勝、2着2回、3着1回。勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。全場・全距離の中で最も上がり順位が結果に直結する舞台といえる。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「ハイブリッド指数」1番手がすべて馬券絡み。そして、「ハイブリッド指数」2番手も4頭が馬券絡みしている。「推定後半3ハロン」1位も4勝、2着1回と好走。実力がストレートに反映され易く、紛れは起こり辛い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

14番サトノダイヤモンドは皐月賞で3着、ダービーで2着と好走。3歳春の時点での「ハイブリッド指数」の《70》は秀逸。現3歳世代のレベルの高さを物語っている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_5

ダービーは落鉄していなければ、勝っていたかもしれない。

レース特記=「落鉄」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞で上がり3位、ダービーで上がり4位をマーク。瞬発力は世代上位の1頭といえる。

皐月賞で上がり3位、ダービーで上がり4位
3_6

ディープ産駒で上がりの決着は得意だが、馬場が渋っても対応できるタイプ。

馬特記=「渋馬場○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJは同舞台の複勝率が《60%》と高く、鞍上も頼もしい限り。

該当コース騎手成績
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

今回は3ヶ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

セントライト記念の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番エアスピネルは皐月賞、ダービーで4着。「ハイブリッド指数」=《60》台中盤なら、例年ならクラシックを制しても不思議のないレベル。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
4_3

本質的には2400mの距離は長いので、立ち回りの巧さで克服している。

レース特記=「立回り○」「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」2位、「乗込指数」3位だから、本気度は14番サトノダイヤモンドより上。

「追切指数」2位、「乗込指数」3位
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

皐月賞で上がり6位、ダービーで上がり9位。先行力を活かして粘り込みを図るが、14番サトノダイヤモンドを逆転するのは厳しいかもしれない。

皐月賞で上がり6位、ダービーで上がり9位
4_4

8番ナムラシングンは1000万下の宮崎特別を快勝。14kgの大幅馬体増だったので、休み明けを使った上積みは大きい。

レース特記=「次良気配」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞が「ハイブリッド指数」=《62》だから、通用する下地は十分にある。

「ハイブリッド指数」=《62》
5_3

12番レッドエルディストはダービーで出遅れて、大外を回りながら9着。4着の7番エアスピネルとは着順ほど、「ハイブリッド指数」に差はない。

出遅れ→4角大外
「ハイブリッド指数」=《64》
6_2

青葉賞での上がり最速は上がり2位に0.6秒差も抜けて速かったほど。阪神外回り2400mの舞台は向く。

上がり最速(上がり最速に0.6秒差)
6_3

15番ミッキーロケットはスプリングSで5着、皐月賞で13着。夏場も使っている割には「ハイブリッド指数」は《60》に達していない。

「ハイブリッド指数」=《59》
7

5番カフジプリンスは1000万下の阿寒湖特別で年長馬相手に快勝。「ハイブリッド指数」は《60》に到達している。

「ハイブリッド指数」=《60》
8

上がり最速は上がり2位に0.6秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり最速に0.6秒差)
8_2

この一戦も含めて、長距離戦では常に上がり2位以内をマーク。

常に上がり2位以内
9

前走は仕掛け遅れて、脚を余しての敗戦。長距離戦での末脚勝負なら上位争いは可能。

レース特記=「仕掛け遅」「直余力有」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力がストレートいに反映される舞台だから、「推定後半3ハロン」1位の14番サトノダイヤモンドが中心で問題ない。

「推定後半3ハロン」1位=14番サトノダイヤモンド
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

前後半5傑入りの7番エアスピネルに割って入るなら、「推定後半3ハロン」上位の12番レッドエルディスト、8番ナムラシングン、5番カフジプリンスの3頭か。

昨年は1人気のリアルスティールが2着に敗れて、3連単「28170円」の2万馬券。今年も断然人気の14番サトノダイヤモンドがいるので、券種選択、金額配分が重要。新書「京大式最強の馬券セミナー」も参考にして頂きたい。

★3連単2万馬券★
4711_2
3連単 281.7×500円=14万850円
購入1万8000円 払戻14万850円

結果は → 成績新聞

Hb_7

<阪神11R神戸新聞杯の結果>
1着.14番サトノダイヤモンド(1人気)
2着.15番ミッキーロケット (6人気)
3着.12番レッドエルディスト(4人気)
4着.5番カフジプリンス  (5人気)