■北九州記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

小回りコースの短距離戦ともなれば、基本的には逃げ&先行馬が圧倒的に有利。ただし、勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク。短距離戦にしては差し馬の好走が目立つ。

勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年こそ「ハイブリッド指数」1番手、2番手で決着したが、それ以外の5年は「ハイブリッド指数」1番手、2番手の馬券絡みはない。ハンデ戦で実力通りには決まりにくい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番ベルカントはアイビスSDを連覇。1000m戦ではダッシュ力が速く、上位の上がりをマークできる。

2番手→上がり2位
2_4

昨年の北九州記念を制するなど、小倉は4戦3連対と得意。

「コース実績」=【2・1・0・1】
3_3

トップハンデ56kgでも、前後半5傑入り。

トップハンデ=赤色で表示
前後半5傑入り

1

「ハイブリッド指数」的には上位の1頭に過ぎないので、頭で狙うのはリスクが高い。

「ハイブリッド指数」的には混戦
2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

8番オウノミチは格上挑戦のバーデンバーデンCを勝利。「ハイブリッド指数」は《66》まで一気に伸ばしてきた。

「ハイブリッド指数」=《66》
4_3

今冬の小倉で連勝を決めており、この馬も小倉は得意。

「コース実績」=【2・1・0・1】
5_3

川田Jは小倉1200mの複勝率が《36.6%》でトップ。

該当コース騎手成績
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

13番ラヴァーズポイントも格上挑戦のCBC賞で2着と健闘。軽ハンデ50kgが向いたとはいえ、「ハイブリッド指数」が《66》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《66》
6_3

デビュー2戦目の小倉2歳Sで3着した舞台。今回も軽ハンデ51kgならチャンスあり。

馬特記=「小倉向き」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番プリンセスムーンは疾風S、韋駄天Sを連勝して、アイビスSDで3着。脚を外に振って走る独特の走法で、コーナリングのない直線競馬がベスト。

レース特記=「脚外振走」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200m戦は10戦3勝。1ハロンの距離延長、コーナーのあるコース形態がどうか。

「距離実績」=【3・1・1・5】
4

12番ジャストドゥイングはバーデンバーデンCでオウノミチに0.1秒差の2着。ハンデは据え置きの54kgだから、卓上計算では逆転可能。

ハンデ54kgで0.1秒差の2着

7_3

540kg台の大型馬だから、休み明け3走目の上積みがあるかもしれない。

馬体重=「548kg」
8_2

5番ベルカントと並んで、前後半5傑入り。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
C11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定後半3ハロン」1位は9番バクシンテイオー。展開ひとつで浮上のチャンスは十分。

夏負けがないかは【直前情報】も参考にしたい。

関屋記念の【直前情報】
11
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb

<小倉11R北九州記念の結果>
1着.9番バクシンテイオー (8人気)
2着.5番ベルカント    (1人気)
3着.8番オウノミチ    (3人気)