■菊花賞を攻略するツボ■

水曜は朝一でトレセンへ。3歳クラシックの最終戦「菊花賞」の最終追い切り。今週までは6時開門(来週からは7時)。

11

ダービー2着馬サトノダイヤモンドは朝一番にCWコースに登場。4Fからペルシアンナイト(2歳500万下)と併せて、ラストは鋭い伸びをみせて半馬身先着。

12

7時40分からは鞍上のルメールJの共同会見。

13

休み明けの前走は少し行きたがったけど、今度はリラックスして走れると思いますと話していた。

14

そして、今回は「自信あります」と。聞く度に日本語が上手くなってて驚かされます。

15


さて、サトノダイヤモンドか、ディーマジェスティか、それとも…。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年の菊花賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年の勝ち馬の4頭が2周目の4角を2~3番手で立ち回っている。一方、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。1周目を中団~後方で立ち回ったとしても、2周目の4角では3番手以内が勝利の条件。

過去5年の勝ち馬は上がり2位以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「ハイブリッド指数」1番手が馬券圏内を外したのは一度だけ。「ハイブリッド指数」1番手、2番手ともに馬券絡みが4回もある。そして、勝ち馬はすべて「推定前半3ハロン」か「推定後半3ハロン」のいずれかが3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2011年、2012年が3分2秒台。そして、2014年が3分1秒0の超レコード。高速決着への対応力は重要。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スタミナも要求されるので、3番サトノダイヤモンド、6番ディーマジェスティが距離を克服できるかはポイント。

レース特記=「スタミ○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番サトノダイヤモンドは皐月賞では他馬と接触する不利。そして、ダービーでは落鉄が堪えており、実力を出し切っての敗戦ではない。

レース特記=「他馬接触」「落鉄」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けの神戸新聞杯を快勝。ダービーと同じく、「ハイブリッド指数」は《70》と高く、クビ差まで迫った2着馬を褒めるべき。

「ハイブリッド指数」=《70》
2_5

道中で行きたがる面があったのは休み明けの影響か。

レース特記=「次良気配」「掛り気味」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」5位、「推定後半3ハロン」2位。過去のレース傾向に合っている。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番ディーマジェスティは皐月賞をレコード勝ち。速い時計の決着は得意としている。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3歳4月時点で「ハイブリッド指数」=《69》はかなり高く、世代レベルの高さを表している。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_5

休み明けのセントライト記念を勝利。他馬とはキック力、パワーが違った。

セントライト記念の【直前情報】
5
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2頭のどちらが馬体的には上か。【直前情報】にも注目したい。

秋華賞の【直前情報】
6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番レッドエルディストは神戸新聞杯で上がり3位をマークして3着。ラストは確実に伸びてくるタイプ。

神戸新聞杯で上がり3位
4_4

瞬発力勝負より、上がりが掛かる決着が得意。スタミナがあるので、距離延長は好材料。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ミッキーロケットは神戸新聞杯で3番サトノダイヤモンドを上がりで上回ったのは立派。「ハイブリッド指数」は《69》と高く、フロックでの好走ではない。

神戸新聞杯で上がり最速
「ハイブリッド指数」=《69》

6_4

1番カフジプリンスは長距離戦では安定して上位の上がりをマーク。

長距離戦ではすべて上がり5位以内
7_2

重い芝が得意で、スタミナがある。距離延長は好材料。最内枠も味方するはず。

馬特記&レース特記=「スタミ○」「芝重い○」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番エアスピネルは神戸新聞杯で5着だが、後方からのレースは合っていない。

レース特記=「後行く×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

本質的に2400mでも長いので、距離延長はマイナス材料。外枠を引いた点も厳しい。

レース特記=「距離長」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番レインボーラインは札幌記念でモーリスら古馬の強豪相手に好走。10kgの大幅馬体増は成長の証。上位争いのチャンスある。

「ハイブリッド指数」=《68》
「馬体重」=442k(+10)
9

10番ウムブルフは近2走は上がり最速をマークして2連勝。しかも、上がり2位に0.5秒差以上で抜けて速かったほど。

上がり最速をマークして2連勝
上がり2位に0.5秒差以上

8

「レースレベル」は《A》と高く、ハイレベルな年長馬相手に勝利。底をみせていない点は魅力。

「レースレベル」=《A》
8_2

土曜の富士Sも「社台系」の放牧帰りのワン・ツー。

富士Sの「外厩シート」
Photo_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
コンビニでのみ販売中


今回も「社台山元TC」からの放牧帰りは好材料。

「社台山元TC」
Photo_3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
コンビニでのみ販売中


⇒菊花賞の外厩的見解はコチラから


「推定後半3ハロン」4位に該当。馬券妙味は十分か。

「推定後半3ハロン」4位=10番ウムブルフ
前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

過去3年の菊花賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb_6

<京都11R菊花賞の結果>
1着.3番サトノダイヤモンド(1人気)
2着.11番レインボーライン (9人気)
3着.13番エアスピネル   (6人気)