■キーンランドCを攻略するツボ■

先週の北九州記念は本線で的中して、2重賞で約7万円のプラス収支。単勝1倍台は負けるケースが多く、馬単は「2着固定」こそ妙味アリ。

北九州記念の「推定3ハロン」
3f_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★北九州記念の万馬券★
2811
馬単 49.7×1500円=7万4550円
3連複 34.9×1500円=5万2300円
購入3万8000円 払戻12万6900円


一方、札幌記念は前後半5傑入りのヌーヴォレコルトが敗れて、相手の「推定後半3ハロン」上位で決着して、押さえのタテ目の3連複のみ的中してトリガミ…。

札幌記念の「推定3ハロン」
3f_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

押さえの3連複のみ的中してトリガミ…
222
3連複 33.8×300円=1万140円
購入2万8000円 払戻1万140円


勝ったネオリアリズムは「ノーザンF空港」、2着モーリスは「ノーザンファーム」からの放牧帰り。

札幌記念の「外厩シート」

1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
(→「外厩シート」の見方はコチラから)



そして、北九州記念を人気薄で制したバクシンテイオーも「ノーザンファームしがらき」からの放牧帰り。最近は「社台系」からの放牧帰りが本当によく走る。

北九州記念の「外厩シート」
2_3
「外厩シート」の購入方法はコチラから
(→「外厩シート」の見方はコチラから)



さて、「キーンランドC」は何頭が「社台系」からの放牧帰りか??「外厩シート」で確認はしておきたい。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年は「4角先頭馬」の2勝を含め、勝ち馬はすべて4角7番手以内で立ち回っている。近3年のワン・ツーを含めて、近6年で牝馬が5勝と圧倒しているのも特徴のひとつ。

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が馬券絡み。そして、「推定前半3ハロン」1位が3頭、「推定後半3ハロン」1位も4頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番ソルヴェイグは函館スプリントSをレコードで勝利。前後半33.4秒-34.4秒、前傾1.0秒のハイラップを押し切る強い内容。

前後半33.4秒-34.4秒(前傾1.0秒のハイペース)
2_4

1400m以下の重賞を2勝しており、短距離に適性がある。

レース特記=「距離○
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《69》と高く、斤量52kgなら《70》超えも可能。

「ハイブリッド指数」=《69》
2_5

「ハイブリッド指数」1番手、「推定前半3ハロン」1位。今回は逃げ切るシーンがあるかもしれない。

「ハイブリッド指数」1番手、「推定前半3ハロン」1位
2

4番シュウジは函館スプリントSでハナ差の2着。「ハイブリッド指数」は5番ソルヴェイグとほぼ互角。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_4

前半33秒台前半でも行きたがる面があるので、1200mがベストなのは間違いない。

レース特記=「掛かる」「掛り気味」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

来日中のモレイラJは函館1200mで複勝率《77.8%》の驚異的な成績。

該当コース騎手成績
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

12番レッツゴードンキは函館スプリントSで0.2秒差の3着。内ラチ沿いを巧く立ち回って、内枠を活かした。

レース特記=「立回り○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は互角の《69》だが、斤量差を考えれば逆転は難しいかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《69》

4_5

6番オメガヴェンデッタは近走は「ハイブリッド指数」=《60》台後半。善戦するタイプだが、勝ち切るまでは厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
5_3

札幌コースが2戦ともに着外な点も気になる。

「コース実績」=【0・0・0・2】
6_2

14番ブランボヌールは新馬戦、函館2歳Sを連勝。函館は2戦2勝で洋芝は得意。

函館の「コース実績」=【2・0・0・0】
7_2

チューリップ賞、桜花賞は折り合いを欠いての敗戦。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」「距離長」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

NHKマイルCでは前傾0.8秒のハイペースを3番手から、0.3秒差の6着に粘り込んだ内容は立派。今年の3歳世代はレベルが高い。

前傾0.8秒のハイペースを3番手から粘って0.3秒差
8

4番シュウジ、14番ブランボヌールの2頭は前後半5傑入り。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

3番エポワスは札幌で5戦して馬券絡みが3回。馬券圏内ならチャンスはあるか。

「コース実績」=【1・1・1・2】
9

8番ホッコーサラスターは1000万下、1600万下を「レースレベル」=《A》で2連勝。

「レースレベル」=《A》
10

札幌コースは2戦ともに3着と相性は悪くはない。目下の勢いなら注意が必要か。

「コース実績」=【0・0・2・0】
11

「推定後半3ハロン」1位。今回のメンバーでも末脚は見劣らない。

「推定後半3ハロン」1位
3

5番ソルヴェイグ、4番シュウジが「ハイブリッド指数」《70》超え。函館スプリントSでワン・ツーを決めたとおり、今年の3歳馬はレベルが高い。

3歳馬の2頭が「ハイブリッド指数」=《70》超え
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb_12

<札幌11Rキーンランドカップの結果>
1着.14番ブランボヌール  (2人気)
2着.4番シュウジ     (1人気)
3着.12番レッツゴードンキ (3人気)