■ホープフルSを攻略するツボ■

Photo_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年の有馬記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年の勝ち馬は4角4~7番手で立ち回っている。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。

過去5年の勝ち馬は4角4~7番手
1_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年の勝ち馬の5頭が「ハイブリッド指数」ノーマーク。新馬勝ち直後の馬が一気に「ハイブリッド指数」を伸ばして勝利している。ルメールJが4回も馬券絡みするなど、外国人騎手の活躍が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番レイデオロはデビュー2戦ともに上がり最速をマークして快勝。

上がり最速をマークして快勝
2_10

しかも、2戦ともにレースラップのラスト1F11秒台と速い。

レースラップのラスト1F11秒台
1_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。高い瞬発力を秘めているのは間違いない。

「推定後半3ハロン」1位=2番レイデオロ
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

鞍上にも何ら不安はない。

該当コース騎手成績
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

6番グローブシアターの初戦はレースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒。0.2秒差の着差以上に余力のある勝ち方。

レースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒

レース特記=「完勝」「直余力有」
2_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全兄のリオンディーズと同様、素質は高いはず。2戦目で何処まで「ハイブリッド指数」を伸ばせるか。

「ハイブリッド指数」=《42》
2

14番コスモスは地方のダートを2連勝。中央の芝がどうかは【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
3_6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

4番サングレーザーはデイリー杯2歳Sで3着。「ハイブリッド指数」は《50》に到達していない。

「ハイブリッド指数」=《48》
3_9

4番アドマイヤウイナーも札幌2歳S、黄菊賞で3着。「ハイブリッド指数」=《40》台中盤から、どれだけ伸ばせるか。

「ハイブリッド指数」=《40》台中盤
4_8

12番メリオラは新馬戦でのちに東京スポーツ杯2歳Sで2着のスワーヴリチャードに勝利。ただし、「ハイブリッド指数」的には《36》と高くはない。

「ハイブリッド指数」=《36》
5_6

7番ビルズトレジャーは2走ともに上がり最速をマーク。しかも、レースラップのラスト1F11秒台は優秀。

上がり最速をマーク
レースラップのラスト1F11秒台

6_4

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

そして、キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Photo_36

<中山9Rホープフルステークスの結果>
1着.2番レイデオロ    (1人気)
2着.11番マイネルスフェーン(8人気)
3着.6番グローブシアター (2人気)