■阪神牝馬Sを攻略するツボ■

H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

内回り1400m戦から変更されて、今年は外回り1600mで行われる。2連続開催後半の外回り戦。過去5年で勝ち馬の4頭が上がり4位以内だが、、今まで以上に上位の上がりをマークできるタイプが有利なはず。

昨年まで以上に上がりの速いタイプが優勢か
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1~3番手のうちの2頭が馬券絡みするケースが3回。そして、ノーマークの1頭が馬券絡みするのがパターン。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

6番ミッキークイーンはジャパンCで8着。ローズSから馬体が減り続けた影響が大きかったかもしれない。

2走続けて馬体減
6

ジャパンC以外の7戦はすべて上がり3位以内。「推定後半3ハロン」1位。末脚が持ち味のこの馬にとっては阪神外回りは最適な舞台。

「上がり3位内率」=《100%》
1_2

ジャパンC以来の実戦で仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

ジャパンCは5番手評価まで
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番スマートレイアーは東京新聞杯を逃げ切り勝ち。前後半36.0秒-33.5秒、後傾2.5秒の超スローペースに持ち込めたのが大きかった。

前後半36.0秒-33.5秒、後傾2.5秒の超スローペース
7

阪神は7戦して、5勝をあげる大得意の舞台。54キロで出走できるのは有利に映る。

「コース実績」=【5・0・0・2】
8

この舞台でもルメールJ、M.デムーロJの複勝率は高い。

該当コース騎手成績
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

13番ストレイトガールは香港スプリント以前の2戦ともに上がり33秒台前半。ラストは確実によい脚を使うタイプ。

3戦すべて上がり33秒台前半
9

「ハイブリッド指数」は《70》超えと高く、実績では上位。既に7歳馬でも侮れないか。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
9_2

4番アンドリエッテはうずしおSを差し切り勝ち。ようやくデビュー2戦目以来の2勝目をあげた。

レース内容
1_3

この舞台のチューリップ賞、桜花賞で上がり最速をマーク。常に上がり33秒台をマークできるタイプ。

常に上がり33秒台
10

9番ウインプリメーラは近2走は「ハイブリッド指数」=《60》台後半をマークして好走。ただし、6歳牝馬で上積みは乏しい。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
11

京都の方が得意としており、阪神では勝ちクラがない。善戦までか。

「コース実績」=【0・2・3・5】
12

2番ココロノアイは昨春以降は「ハイブリッド指数」=《55》前後で低迷。成長力に欠ける印象。

「ハイブリッド指数」=《55》前後
143

8番カフェブリリアントは府中牝馬Sで上がり最速をマークして3着。

府中牝馬Sで上がり最速をマーク
13

ターコイズSは前後半35.9秒-34.6秒、後傾1.3秒のスローペース。

前後半35.9秒-34.6秒、後傾1.3秒のスローペース
14

道中は折り合いを欠く面があるのは厳しかった。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年は「推定後半3ハロン」1位に該当。

近2年は「推定後半3ハロン」1位が勝利
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

4人気と人気がなく、13万円超えの払い戻しに貢献してくれた。乗り慣れた福永Jに戻って一変に注意。

★昨年の単勝、馬連、3連複★
2511
単勝 9.8×5000円=4万9000円
馬連 52.8×1000円=5万2800円
3連複 95.6×300円=2万8680円
購入2万2000円 払戻13万480円

「推定後半3ハロン」1位は6番ミッキークイーン、2位は4番アンドリエッテ。過去10年で4歳馬が7勝と圧倒している。4歳馬の末脚が勝るか。

「推定後半3ハロン」は4歳馬が上位
H11_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_7

<阪神11R阪神牝馬ステークスの結果>
1着.7番スマートレイアー (2人気)
2着.6番ミッキークイーン (1人気)
3着.9番ウインプリメーラ (5人気)