■阪神大賞典を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

近3年はゴールドシップが3連覇を達成。それぞれ上がりは2位、1位、1位をマークしていた。例年は10頭前後で前残りもあり得るが、近5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内 
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近4年は「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位がすべて馬券絡み。特に「推定後半3ハロン」1位、2位のワン・ツーを2回も含めて、連対馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内と圧倒している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

11番シュヴァルグランは500万下~1600万下まで3連勝の後、久々の重賞挑戦の日経新春杯で2着。「ハイブリッド指数」は《65》超えまで到達。

「ハイブリッド指数」は一戦
10

すべて上がり2位以内をマークしており、末脚は安定している。

上がり2位以内をマーク
10_2

スタミナがあるタイプなので、距離延長は問題ないはず。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。長距離向きの末脚を秘めている。古馬長距離路線の主役候補に名乗りをあげるか。

「推定後半3ハロン」1位
1

3番トーホウジャッカルは菊花賞以来となった宝塚記念で4着。「ハイブリッド指数」は《70》超えとかなり高い。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1_6

札幌記念は小回りが合わなかったか、デキが一息だったか。【直前情報】も参考にしたい。

中山牝馬Sの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番アドマイヤデウスは京都記念で3着と好走。有馬記念でも7着とはいえ、「ハイブリッド指数」は《70》超えだから、決してフロックでの好走ではない。

近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え
2_6

レースセンスがよく、レースがスムーズなので、長距離戦は向いている。

レース特記=「R振スム」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番タンタアレグリアはダイヤモンドSで4着。トビが大きいので、渋った馬場が不向きだったのかもしれない。

レース特記=「大トビ」「渋馬場×」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2走前の菊花賞の「ハイブリッド指数」=《67》が最高だが、4歳馬で上積みは見込める。良馬場なら見直しは可能。

「ハイブリッド指数」=《67》
3_5

1番カレンミロティックは近走は「ハイブリッド指数」=《70》前後。既に8歳馬となっているので、上積みは乏しく、勝ち切るのは微妙。

「ハイブリッド指数」=《70》前後
4_5

7番カムフィーは条件馬の身ながら、ステイヤーズSで2着と好走。スタミナがあるので、長距離戦は得意としている。

レース特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《66》が最高なので、展開がハナって何処まで上位に食い込めるかどうか。

「ハイブリッド指数」=《66》
5_5

「推定後半3ハロン」1位の11番シュヴァルグランが取りこぼしはあるかもしれないが、軸としては最適か。相手は「推定後半3ハロン」2位の6番タンタアレグリア、前後半5傑入りの2頭。

「推定後半3ハロン」1位=11番シュヴァルグラン
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_11

<阪神11R阪神大賞典の結果>
1着.11番シュヴァルグラン (1人気)
2着.6番タンタアレグリア (4人気)
3着.2番アドマイヤデウス (3人気)