■函館記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」は3勝。勝ち馬はすべて上がり3位以内。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手の馬券絡みは2頭と不振だが、勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」4番手以内に該当。そして、「推定前半3ハロン」1位が2勝、勝ち馬の4頭が「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

3番レッドレイヴンは休み明けの巴賞を快勝。近走は「ハイブリッド指数」《70》前後と高い。

「ハイブリッド指数」《70》前後
3_2

上がりの速い決着が得意ではないので、上がりの掛かる函館が向いている。昨年の巴賞2着→函館記念5着以上が狙える。

レース特記=「上が速×」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番マイネルミラノのエプソムCは展開が向いた面はあるが、実績のない東京で好走できたのは収穫。

レース特記=「展開向く」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年の巴賞を勝っており、函館コースに替わるのは好材料。

「コース実績」=【1・0・0・1】
4_2

16番ファントムライトは天皇賞(春)以来の実戦だが、「休み明け成績」が【1・2・2・1】だから、休み明けは苦にしない。

「休み明け成績」=【1・2・2・1】
8

2000m戦では9戦してすべて3着以内と距離もベスト。ただし、「馬番別連対率」が《2%》の大外枠はマイナス材料。

「距離実績」=【1・4・4・0】
「馬番別連対率」=《2%》

1

7番マイネルフロストは毎日杯を勝って、今年の中山金杯でも2着。5歳なら衰える歳でもない。休み明けで仕上がりがどうか。

プロキオンSの【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

12番ネオリアリズムは小倉記念で3着。キャリア12戦と底をみせていない。

「全成績」=【5・1・1・5】
7

折り合いに難があるので、距離延長、乗り替わりがポイント。

レース特記=「行たがる」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番トゥインクルは泥んこ馬場のダイヤモンドSを圧勝。スタミナがあるので、時計、上がりが掛かって欲しいところ。

レース特記=「スタミ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番バイガエシは1000万下の洞爺湖特別を0.8秒差の圧勝。上がり最速35.5秒は上がり2位に0.9秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
5_2

時計の掛かる状況には滅法強い。

レース特記=「芝重い○」「渋馬場○」「上が掛○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。ハンデ54kgなら、格上挑戦でも末脚は見劣らないはず。

「推定後半3ハロン」1位=4番バイガエシ
F11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

昨年は「推定後半3ハロン」1位のダービーフィズ(3人気)、2位のハギノハイブリッド(10人気)で決着して、馬連8120円の好配当。

昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着
3_2

16頭立てのハンデ戦だから、今年も好配当が期待できる。

★昨年は馬連「8120円」が的中★
2411
馬連 81.2×1000円=8万1200円
購入1万8000円 払戻8万1200円

結果は → 成績新聞

Hb_11

<函館11R函館記念の結果>
1着.6番マイネルミラノ  (3人気)
2着.8番ケイティープライド(13人気)
3着.10番ツクバアズマオー (9人気)