■函館2歳Sを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

函館の2連続開催の後半に行われるため、馬場の内が荒れてきている。過去5年の前後半の平均は34秒0-36秒3と前半が2秒3も速い。その結果、勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
3_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年の勝ち馬のうち、4頭が「ハイブリッド指数」2番手以内。そして、勝ち馬はすべて「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」5傑入りに該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

6番モンドキャンノは初戦は余力を残しながらの完勝。しかも、レースラップのラスト2ハロン11.3秒-11.4秒はかなり優秀。

レース特記=「完勝」「直余力有」
レースラップのラスト2ハロン11.3秒-11.4秒

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《40》は2歳新馬戦の中でのひとつのボーダーライン。

「ハイブリッド指数」=《40》
4_2

今回のメンバーで唯一、前後半5傑入りに該当。好位~中団追走から直線で突き抜けるチャンスは十分。

前後半5傑入り=6番モンノキャンノ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

8番バリンジャーは初戦を0.4秒差で勝利。ただし、「ハイブリッド指数」的には6番モンドキャンノの方が上。

「ハイブリッド指数」=《36》
5_3

レースラップのラスト1ハロン12.0秒も特筆すべきものではない。

レースラップのラスト1F12.0秒

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番ドゥモワゼルは初戦で6番モンドキャノンに敗れたが、2戦目は流す余裕をみせて圧勝。

レース内容
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

430kg台の小柄な牝馬。仕上がりが速く、小回りの1200mがベストか。

「馬体重」=432kg
6_4

2走ともに出遅れているので、今回も後方からのレースが想定できる。

レース内容=「スタ悪い」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番レヴァンテライオンの初戦は勝負所でゴチャつく不利がありながらの勝利。

レース内容=「ゴチャ」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースラップのラスト1F12.1秒は平凡だが、この馬自身は11秒台前半~中盤をマークしている。

レースラップのラスト1F12.1秒
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」はノーマークなので、あまり人気するのは危険か。

「ハイブリッド指数」ノーマーク=12番レヴァンテライオン
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【HB指数ランキング】

10番ロイヤルメジャーは初戦は逃げて0.4秒差V。今年の函館の2歳新馬戦のなかで、前半3ハロン34.0秒はもっとも速いラップ。

前半3ハロン=34.0秒

3

「推定前半3ハロン」1位。スピードの絶対値は高く、一気の逃げ切りもあり得る。

「推定前半3ハロン」1位=10番ロイヤルメジャー
4

4番メローブリーズは初戦は6頭立てとはいえ、断トツの上がりをマークして圧勝。「ハイブリッド指数」は《42》と高いので、人気薄なら狙ってみる価値はある。

「ハイブリッド指数」=《42》
上がり最速(上がり2位に0.6秒差)

7_3

16番ラーナアズーラの初戦のレースラップのラスト1F11.4秒は秀逸。2歳戦はレースラップのラスト1Fに注目するのが重要。

レースラップのラスト1F秒
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

そして、道営馬が通用するレースでもあるので、【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb

<函館11R函館2歳ステークスの結果>
1着.12番レヴァンテライオン(2人気)
2着.6番モンドキャンノ  (1人気)
3着.5番タイムトリップ  (13人気)