■福島記念を攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)

昨年は4角2番手のヤマカツエース、1番手のミトラで決着。福島で行われた近4年の勝ち馬はすべて4角2番手以内で立ち回っている。その一方、開催後半で馬場も荒れてくるので、上位の上がりで馬券圏内には差し届く。

上位の上がりは必要
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」4番手以内が4勝、7連対。ハンデ戦にしては勝ち馬は限られてくる。「推定後半3ハロン」1位も3頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

13番ゼーヴィントはラジオNIKKEI賞で「推定後半3ハロン」1位に該当。9人気で「推定後半3ハロン」2位のダイワドレッサーとワン・ツーを決めた。

ラジオNIKKEI賞の「推定3ハロン」
3f_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

セントライト記念でもディーマジェスティの2着と健闘。折り合いに不安はないので、乗り替わりは問題ない。

レース特記=「立回り○」「折合○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《61》なので、かなりの上積みが必要。あまり人気なら信頼したくはないが…。

「ハイブリッド指数」=《61》
2_6

10番マイネルハニーは初の古馬との対戦となったアイルランドSで2着と健闘。「ハイブリッド指数」的には13番ゼーヴィントより上。

「ハイブリッド指数」=《65》
3_7

ダービーを含めて、近4走はすべて先手を奪っており、今回も積極策で挑む。

近4走すべて4角先頭
4_8

12番ダイワリベラルは京成杯AHで4着と健闘。福島コースは2戦2勝と好相性。

「ハイブリッド指数」=《65》
5_6

今回は末脚上位の馬が少なく、「推定後半3ハロン」1位に該当している。

「推定後半3ハロン」1位=12番ダイワリベラル
F11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

16番クランモンタナは小倉記念は時計、上がりが掛かったのが最大の勝因。時計の速い決着は苦手。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ダイワドレッサーはラジオNIKKEI賞でゼーヴィントの2着。先行力があるので、小回りの福島は向いている。

レース特記=「小回り○」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16頭立てのハンデ戦だから、一筋縄では収まりそうにない。波乱の決着を想定したい。

16頭立てのハンデ戦
6_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の上部

過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb_7

<福島11R福島記念の結果>
1着.3番マルターズアポジー(7人気)
2着.13番ゼーヴィント   (1人気)
3着.1番ダイワドレッサー (3人気)