■フラワーCを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で勝ち馬の3頭が4角4番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は2勝、2着1回。好位から上位の上がりをマークしている馬が優勢ではある。

好位から上位の上がりをマークしている馬が優勢
1_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「推定後半3ハロン」1位の3頭が馬券絡み。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」5番手以内には該当している。とはいえ、キャリアの浅い3歳牝馬の重賞だから、伸びシロの大きな馬も多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

7番ラルクは初戦を快勝後、人気のシンザン記念、500万下ともに敗戦。「ハイブリッド指数」的な伸びが一息ではある。

「ハイブリッド指数」=《40》台前半
3_8

京都の軽い芝が得意なディープ産駒なので、中山の馬場が合うかも疑問。

レース特記=「芝軽い○」「渋馬場×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ルフォールは初戦のレースラップのラスト1F11.6秒を差し切った内容は濃い。

レースラップのラスト1F11.6秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クイーンCで8着に敗れたとはいえ、上がり最速をマークしたのは優秀。キャリアは2戦と浅く、前走以上のパフォーマンスが期待できる。

上がり最速をマーク
4_7

6番ヴィブロスは休み明けのチューリップ賞で逃げて12着と大敗。6kg増の馬体だから、休養の割りには成長が一息だったか。長距離輸送で馬体が減らないか不安。

馬体重=「414(+6kg)」
5_7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ラブリーアモンはフェアリーSで上がり最速、クイーンCで上がり2位。牝馬限定のG3なら、引き続きチャンスはある。

近2走は重賞で上がり2位以内
6_4

5番ギモーヴは3戦すべて牡馬相手の1800m以上で、上がり4位以内をマークして3着以内に好走。

3戦すべて上がり4位以内
2

「推定後半3ハロン」1位。この距離なら末脚は重賞でも通用するとみた。1勝馬でもスタミナ面では見劣らない。

「推定後半3ハロン」1位=5番ギモーヴ
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

「推定後半3ハロン」2位は13番アオイプリンセス。赤松賞で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
2_8

前走の大敗が本来の末脚ではないはず。初ブリンカー装着で一変があるかもしれない。

「初」=初ブリンカー装着
1

「ハイブリッド指数」=《50》を超えている馬が1頭もいない。今年は1勝馬でもチャンスは大きい。

「ハイブリッド指数」《50》超えはゼロ
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞



<中山11Rフラワーカップの結果>
1着.9番エンジェルフェイス(1人気)
2着.3番ゲッカコウ    (2人気)
3着.10番ウインクルサルーテ(14人気)