■フィリーズRを攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年の前後半の平均は34秒5-36秒0。5年すべて前半3ハロン34秒台と速く、前半の方が速い前傾ラップとなっている。その結果、3頭が4角11番手以降から差し切っており、勝ち馬はすべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

2年前は「推定前半3ハロン」1位のベルカント、2位のニホンピロアンバーで決着して、馬連7万馬券の大波乱。

「推定前半3ハロン」1位→2位で馬連7万馬券
9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

ただし、近6年で「推定後半3ハロン」1位が3連対するなど、全体的には「推定後半3ハロン」上位馬の好走の方が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

7番キャンディバローズは唯一の重賞勝ちの実績馬。阪神JFは重い芝が敗因のひとつなので、今回も阪神がどうか。

レース特記=「芝軽い○」「芝重い×」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

400kg台前半の小柄な馬体なので、馬体重が増えているかは気になる材料。

馬体重=400kg台前半
2_6

【直前情報】も参考にしたい。

チューリップ賞の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番アットザシーサイドは新馬戦、秋明菊賞を連勝。阪神JFは5着に敗れたとはいえ、上がり2位なら悪くはない。

阪神JFで上がり2位
3_4

「ハイブリッド指数」的に抜けた存在ではないが、チャンスのある1頭には違いない。

「ハイブリッド指数」=《49》
3_5

「推定後半3ハロン」1位。2戦2勝の得意の距離なら、前走以上の末脚が発揮できるか。

「推定後半3ハロン」1位
「距離実績」=【2・0・0・0】

1_2

14番クードラパンは未勝利戦、サフラン賞を連勝の後、阪神JF、フェアリーSと敗戦。「ハイブリッド指数」的に成長力は一息。

「ハイブリッド指数」=《46》
4_3

16番ナタリーバローズは初戦の阪神1400mの新馬戦を快勝。ラスト1ハロンは鞍上が追わず、かなり余力を残した勝ち方だった。

レース特記=「快勝」「直余力有」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は2戦目で《47》まで上昇。12kgの大幅馬体増だったので、休み明けを使った上積みは大きいはず。

「ハイブリッド指数」=《47》
馬体重=「+12kg」

5

行きたがる面があるので、M.デムーロJが続けて騎乗するのは好材料。

レース特記=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

重賞で7戦連続して連対中のM.デムーロJ。この舞台でも複勝率は《48.2%》と高い。

該当コース騎手成績
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5傑入り。先行力、末脚ともに重賞でも通用するはず。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

3番ダイアナヘイローも前後半5傑入り。デビュー2戦ともに4角2番手以内→上がり3位をマーク。

4角2番手以内→上がり3位以内
7

しかも、レースラップのラスト1F11.3秒と速い点は高く評価できる。先行力があるので、距離短縮にも対応できてよい。

レースラップのラスト1F11.3秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】

18番メイショウスイヅキはもみじSで牡馬相手に上がり最速をマークして勝利。得意の距離なら、前進は見込める。

もみじSで上がり最速をマークして勝利

6

結果は → 成績新聞

Hb_13

<阪神11Rフィリーズレビューの結果>
1着.2番ソルヴェイグ   (8人気)
2着.9番アットザシーサイド(1人気)
3着.7番キャンディバローズ(2人気