■エルムSを攻略するツボ■

「エルムS」を的中させるために分析。

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

札幌で行われた過去5回の連対馬はすべて4角4番手以内で立ち回っている。そのうえ、上がりもすべて4位以内をマーク。4角では4番手以内につけるのが連対の最低条件。

4角4番手以内→上がり4位以内が必勝パターン
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。勝ち馬の5頭までが「推定前半3ハロン」5位以内、4頭までが「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

11
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

11番モンドクラッセは大沼Sを4角先頭→上がり最速をマークして快勝。「ハイブリッド指数」は《70》超えを高い。

4角先頭→上がり最速
「ハイブリッド指数」=《71》

2_5

1700m戦は5戦5勝。「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。この距離なら初重賞制覇のチャンスは十分。

「距離実績」=【5・0・0・0】
「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り

2

5番ロワジャルダンはフェブラリーSで善戦した後、アンタレスS、平安Sで精細を欠くレース。折り合い面に不安があるので、距離が長かったはず。

レース内容=「行たがる」「距離長」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実際、1700m戦は福島で2戦して、いずれも4角5番手以内→上がり最速をマークして勝利している。距離短縮で一変があるかもしれない。

「距離実績」=【2・0・0・0】
3

11番モンドクラッセ、5番ロワジャルダンの2頭が前後半5傑入り。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

12番クリノスターオーは一昨年のエルムSが2着、昨年が4着と善戦。近走は勝ち鞍こそないものの、「ハイブリッド指数」=《60》台後半はマークしている。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
4_3

外から被されると脆いタイプだから、外枠を引けたのは好材料。

レース内容=「外枠○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番リッカルドは安達太良Sを勝利してオープン入り。「ハイブリッド指数」の《63》は水準程度。

「ハイブリッド指数」=《63》
5_4

今回はリーディングを独走する戸崎Jから、今年13勝&関東リーディング23位の黛Jへの乗り替わり。一気の相手強化もあって、馬券絡みは厳しいかもしれない。

今年13勝&関東リーディング23位
4

3番ジェベルムーサは昨年のエルムSを4角先頭→上がり4位で初重賞制覇。

エルムSを4角先頭→上がり4位
6_4

2100mのブリリアントSは距離が長かったか。

レース内容=「距離長」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今年は3ヵ月の休み明け。ただし、560kg超えの大型馬にしては久々は苦にしないタイプではある。

「休み明け成績」=【4・1・0・1】
7_2

【直前情報】も参考にしたい。

レパードSの【直前情報】
22
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

「出遅れ率」は《50%》と高いので、出遅れは想定しておくべきか。

「出遅れ率」=《50%》
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

結果は → 成績新聞

Hb

<札幌11Rエルムステークスの結果>
1着.4番リッカルド    (7人気)
2着.12番クリノスターオー (4人気)
3着.11番モンドクラッセ  (1人気)