■日本ダービー攻略するツボ■

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

ダービーの【ハイブリッド新聞】(枠確定版)
過去3年のダービーの【ハイブリッド新聞】(成績版)


過去5年の勝ち馬は12年ディープブリランテ以外、他4頭が上がり2位以内をマーク。11年、13年は4角10番手以降がワン・ツーを決めるなど、中団~後方から上がりの速いタイプの好走が多い。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内 
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「推定後半3ハロン」1位は11年オルフェーヴル、13年キズナ、14年ワンアンドオンリー、15年ドゥラメンテと4勝。世代最上位の末脚の持ち主を決めるレースといっても過言ではない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番ディーマジェスティは皐月賞で8人気の伏兵ながら、人気馬を押さえてレコード勝ち。「ハイブリッド指数」の《69》は近年では最も高い。

「ハイブリッド指数」=《69》

1

初勝利をあげるまで3戦を要したが、5戦パーフェクト連対と安定感あり。

「全成績」=【3・2・0・0】
2

しかも、上がりもすべて2位以内。上がりの速い決着は得意。

すべて上がり2位以内
3_2

中間に疲れが出たようで、調整を加減した時期がある。【直前情報】も参考にしたい。

オークスの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

3番マカヒキは皐月賞で2着に敗れはしたが、1番ディーマジェスティを上回る上がりをマーク。

皐月賞で上がり最速をマーク
4_3

4戦すべて上がり最速をマーク。瞬発力は最上位かもしれない。

4戦すべて上がり最速をマーク
5_2

ディープインパクト産駒らしく、非凡な瞬発力を秘めている。

馬特記&レース特記=「瞬発力○」「瞬発非凡」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。上がりの速い馬が優勢の近代競馬の特性に最も合っている。

「推定後半3ハロン」1位
3

8番サトノダイヤモンドは皐月賞で接触する不利がありながら、3着確保は立派。

レース内容=「接触受けもジリジリ渋太い」
レース特記=「他馬接触」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2ヶ月半ぶりを使った効果が見込め、「ハイブリッド指数」は上昇するはず。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

「追切指数」、「乗込指数」ともに皐月賞時より上向いている。仕上げは今回の方が遥かによい。

「追切指数」《38》、「乗込指数」《41》
4

12番リオンディーズは皐月賞は前後半34.2秒-35.6秒、前傾1.4秒のハイペースに巻き込まれながら、5着に粘った内容は立派。

前後半34.2秒-35.6秒(前傾1.4秒のハイペース)

7_2

近2走は行きたがる面を見せているので、距離延長で折り合えるかが最大のポイント。M.デムーロJの腕の見せ所ではある。

レース特記=「行たがる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番スマートオーディンは京都新聞杯で距離延長を克服したが、折り合い面を考えれば、2400mの距離が課題。

馬特記&レース特記=「掛り気味」「行たがる」
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4走中で上がり最速が3回、上がり32秒台が2回。この世代でも瞬発力は上位ではある。

上がり最速が3回、上がり32秒台が2回
9

14番ヴァンキッシュランは青葉賞を快勝。歴代2位の好タイムで、「ハイブリッド指数」の《60》超えは立派。

「ハイブリッド指数」=《62》
10

初勝利までに7戦を要したが、3着を外していない安定感は立派。勝ち負けまではどうかも、上位争いは可能なはず。

「全成績」=【3・3・1・0】
11

7番ロードクエストはNHKマイルCで上がり最速をマークして2着。

NHKマイルCで上がり最速
13

2000mでは良い脚が少ししか使えないので、1600mがベストなはず。

レース特記=「良脚少し」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番マウントロブソンは皐月賞はリオンディーズと同じく、前後半34.2秒-35.6秒、前傾1.4秒のハイペースに巻き込まれた6着。

前後半34.2秒-35.6秒(前傾1.4秒のハイペース)
14_2

ディープインパクト産駒にしてはスタミナ優先のタイプ。距離延長が向く可能性がある。皐月賞6着の割りには人気がなさ過ぎか。

レース特記=「スタミ○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

史上空前のハイレベルと言われる現3歳世代。「基準ハイブリッド指数」超えが6頭。

「基準ハイブリッド指数」超えが6頭
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

過去5年で「推定後半3ハロン」1位は2011年オルフェーヴル、13年キズナ、14年ワンアンドオンリー、15年ドゥラメンテと4勝して、馬券も的中しているレース。今年も「推定後半3ハロン」1位の末脚が炸裂するか。

1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

「推定後半3ハロン」は3番マカヒキが最上位。次いで皐月賞上位の1番ディーマジェスティ、8番サトノダイヤモンドの2頭。10番スマートオーディンもハイレベルな皐月賞組に割って入る瞬発力を秘めている。

「推定後半3ハロン」1位=3番マカヒキ
T10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

ダービーの【ハイブリッド新聞】(枠確定版)
過去3年のダービーの【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb

<東京10R東京優駿の結果>
1着.3番マカヒキ     (3人気)
2着.8番サトノダイヤモンド(2人気)
3着.1番ディーマジェスティ(1人気)