■デイリー杯2歳Sを攻略するツボ■

先週はWIN5の的中報告が1件。


●"まさる"さんより●

いつもブログ、予想など拝見しております。先週はWIN5が的中したので、ご報告させて頂きます。【ハイブリッド新聞】【データパック】のデータ的には獲りやすかったので、他の会員さんも的中している方もいるかもしれません。


①東京10R:晩秋S(ダート2100m)
1
M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

⇒データパック(サンプル) はコチラから

「ハイブリッド指数」上位馬が強いレース。1番手の5番モズライジンがルメール騎手なら大丈夫。配当的に2番手の2番レッドサバス、「推定前半3ハロン」断トツ1位の13番ダイワレジェンドを加えて3頭で。


②京都10R:長岡京S(外1600m)
2
⇒データパック(サンプル) はコチラから

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入りの8番グァンチャーレ。内枠、3歳馬上位で2番ロスカボス、6番ルグランフリソンの2頭を追加。



③福島11R:みちのくS(芝1200m)
3
⇒データパック(サンプル) はコチラから

5レース中、もっとも難解に思えたレース。「ハイブリッド指数」、「推定前半3ハロン」上位馬を6頭。4番ラズールリッキーは「推定前半3ハロン」が常に5位以内の3歳馬で、福島1200mは2戦2勝。


④東京11R:アルゼンチン共和国杯(芝2500m)は「ハイブリッド指数」、「推定後半3ハロン」上位の11番シュヴァルグラン、5番アルバートで。「社台系」から帰厩してのも買い材料かと。


⑤京都11R:みやこS(ダート1800m)の時点で5頭が残っていたので、あとは的中するだろうと思いました。1番手人気の6番グレンツェントではなく、4番人気の9番アポロケンタッキーが勝ったので、配当は30万強とちょっと跳ねました。

4_2

★30万円超えの払い戻し★
Win
購入2万400円 払戻30万3890円


先々週は"WIN4"だったので、そのリベンジができてよかったです。「ハイブリッド指数」、「推定3ハロン」、「外厩」、騎手でみれば、だいたいは勝ち馬が絞れると思うので、あとは堅いレースがひとつか、ふたつあれば楽ですね。今週も頑張ります。

⇒参考記事はコチラ


WIN5の的中報告、ありがとうございます(羨ましい限りです)。さて、日曜のWIN5は置いておいて、まずは明日の「デイリー杯2歳S」を分析。

Photo_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)

12年以外の4年はすべて上がり1位&2位がワン・ツーを決めている。京都外回り戦らしく、上がり33秒~34秒台の瞬発力が必要で、実力がストレートに反映される。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手、2番手の計9頭が馬券絡み。そして、「推定後半3ハロン」1位は3勝、2着1回、3着1回の好成績をおさめている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番リナーテの初戦は超スローペースのため、京都1600m戦で1分38秒0と遅い。

前後半36.8秒-34.9秒(後傾1.9秒のスローペース)
2_5

ただし、レースラップのラスト2ハロン11.3秒-11.1秒と超速。優れた瞬発力を秘めている。

ラスト2ハロン11.3秒-11.1秒
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的に上積みは必要だが、キャリア1戦でも通用するチャンスはある。

「ハイブリッド指数」=《38》
5

7番ディーパワンサは新馬戦、中京2歳Sと2連勝。いずれも上がり最速をマークしている点は優秀。

上がり最速をマークして2連勝
3_5

しかも、レースラップのラスト3F11秒台も優秀。

レースラップのラスト3F11秒台

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

420kg台の小柄な牝馬だから、平坦の京都も向くはず。

「馬体重」=422k
3_6

「推定後半3ハロン」1位。牡馬相手でも瞬発力は見劣らない。

「推定後半3ハロン」1位=7番ディーパワンサ
2_4

8番サングレーザーは2戦目の未勝利戦を勝利。「ハイブリッド指数」は《40》と上々。

「ハイブリッド指数」=《40》
4_7

折り合いを欠いたり、出遅れるなど、レースぶりは幼い。

レース特記=「掛り気味」「スタ悪い」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

ファンタジーSの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

1番タイセイスターリーは初戦は3番手から抜け出して快勝。

レース特記=「完勝」
レース特記=「直線楽に抜け出す。」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《40》を超えており、底をみせていない。

「ハイブリッド指数」=《40》超え
5_5

6番ジューヌエコールは新馬、ききょうSを連勝。「ハイブリッド指数」は《48》と高い。

「ハイブリッド指数」=《48》
6_5

しかも、レースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒は秀逸。レースぶりは粗削りだが、瞬発力は相当高いはず。

レースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒
レース特記=「掛り気味」「アオル」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「追切指数」「乗込指数」は最も高く、調教的には古馬にも見劣らない。

「追切指数」1位&「乗込指数」1位
3_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

7番ディーパワンサ、6番ジューヌエコールは「社台系」からの放牧帰り。前走から一息入れて、成長が見込める。

「社台系」からの放牧帰り
Photo_6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


「推定後半3ハロン」は7番ディーパワンサ、6番ジューヌエコール、2番リナーテの牝馬3頭が上位。「推定前半3ハロン」断トツ1位の9番ベルカプリの逃げ残りを警戒。

「推定後半3ハロン」は牝馬3頭が上位
K11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)

結果は → 成績新聞

Hb_7

<京都11Rデイリー杯2歳ステークスの結果>
1着.6番ジューヌエコール (2人気)
2着.3番ボンセルヴィーソ (8人気)
3着.8番サングレーザー  (4人気)