■ダイヤモンドSを攻略するツボ■

2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。2周目の3角から一気にペースアップして、ラスト5ハロンは11~12秒台が刻まれる。長距離向きのバテない持続力のある末脚が要求される。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。果たして今年はどの馬か?

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

16番フェイムゲームはダイヤモンドSを2連覇中。昨年の天皇賞(春)でも2着しており、スタミナが最大の武器。

レース特記=「スタミ○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

58.5キロのトップハンデを克服できるかどうか。今年は「推定後半3ハロン」5位。

トップハンデ=赤色で表示
3

2番ホッコーブレーヴと2頭はオーストラリア海外遠征帰りで3ヵ月ぶりの実戦。【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
3_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番タンタアレグリアはダービー、菊花賞ともに上がり4位をマーク。現4歳世代で末脚は上位。

ダービー、菊花賞ともに上がり4位
1_3

大トビで加速が遅いので、長距離戦は向いている。

レース特記=「大トビ」「距離○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定後半3ハロン」1位。ハンデも手頃な55キロなら、年長馬が相手でも末脚は通用してよい。

「推定後半3ハロン」1位
1

11番モンドインテロは2400m戦で2連勝してオープン入り。何処まで「ハイブリッド指数」を伸ばせるかどうか。キャリア7戦と底を見せていない点は魅力ではある。

「ハイブリッド指数」=《63》
「全成績」=【4・0・1・2】
3_4

15番カムフィーは格上挑戦のステイヤーズSで2着。スタミナがあるので、長距離戦は得意としている。

レース特記=「スタミ○」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番トゥインクルも格上挑戦のステイヤーズSで3着。長距離戦は距離適性が最重要。【コメント新聞】馬特記&レース特記「スタミ○」があれば、格は関係なく通用するケースが多い。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ハンデ戦らしく、「基準ハイブリッド指数」の《68》前後で混戦。

「基準ハイブリッド指数」の《68》前後で混戦
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

今年の「推定後半3ハロン」は7番タンタアレグリアを上位として、10番トゥインクル、15番カムフィー、14番ペルーサ、16番フェイムゲームまで上位。

「推定後半3ハロン」を重視
T11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

近2年は連続して「推定後半3ハロン」1~3位で決着している。今年も「推定後半3ハロン」上位馬が中心か。

近2年は「推定後半3ハロン」1~3位
2_2

結果は → 成績新聞

Hb_9

<東京11Rダイヤモンドステークスの結果>
1着.10番トゥインクル   (4人気)
2着.16番フェイムゲーム  (2人気)
3着.3番ファタモルガーナ (8人気)