■セントウルSを攻略するツボ■
「セントウルS」を分析。

Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

セントウルSの【ハイブリッド新聞】&【コメント新聞】(無料)

過去5年で「4角先頭馬」が2勝。勝ち馬はすべて4角5番手以内。近4年は1分7秒台と勝ち時計も速いのも特徴といえる。

過去5年の勝ち馬はすべて4角5番手以内
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。勝ち馬の3頭が「推定前半3ハロン」3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番ビッグアーサーは高松宮記念で好位から突き抜けて初G1制覇。

レース内容
レース特記=「完勝」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前半33.3秒+後半33.4秒=1分6秒7だから、高速決着への対応力も文句なし。

前半33.3秒+後半33.4秒=1分6秒7
3_6

10戦して連対を外したのは大外枠のシルクロードSのみ。58キロの斤量も問題ないはず。

「全成績」=【7・2・0・1】
4_2

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り。内枠でゴチャつく心配は無きにしも非ずだが、それ以外に大きな不安材料はない。

「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入り
1_3

3番ダンスディレクターはシルクロードSで重賞制覇。内枠で内をロスなく立ち回れたアドバンテージが大きかった。

レース内容
レース特記=「内枠○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200m戦は5戦パーフェクト連対の安定感。持ち前の末脚で1番ビッグアーサーでどれだけ迫れるか。

「距離実績」=【2・3・0・0】
2_4

一頓挫あっての7ヶ月ぶりなので、【直前情報】も参考にしたい。

小倉2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

11番ネロはアイビスSDでベルカントにアタマ差の2着。スピードがあるので、1000mがベストは間違いない。

レース特記=「適距離」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「推定前半3ハロン」1位。あとは距離延長が課題だが、開幕週の絶好馬場は向く。

「推定前半3ハロン」1位=10番ネロ
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

6番ウリウリは1人気の昨年は2着。近走は「ハイブリッド指数」は《70》を超えておらず、6歳牝馬で年齢的な衰えがあるはず。休み明けの割引きも必要。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
8

13番スノードラゴンは時計が掛かってこそのタイプ。開幕週の高速決着は不向き。

馬特記=「時計掛○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番エイシンブルズアイは近走は1200m戦ですべて上がり33秒台。

すべて上がり33秒台
7

時計の速い決着にも対応できる。展開ひとつで浮上のチャンスは十分ある。

レース特記=「時計速○」「高速場○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年は本命のハクサンムーンが飛んだので威張れた的中ではないが、穴で狙った「推定前半3ハロン」3位の10番アクティブミノルが勝利。

「推定前半3ハロン」3位=10番アクティブミノル
3f_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝「4800円」の配当。今年も人気薄の「推定前半3ハロン」上位には注意が必要。特に今年は10番ネロのスピードが魅力。2番エイシンブルズアイも人気を落としている印象。仮に1番ビッグアーサーから2頭へ流すなら、その券種選択は…。

★相手の穴馬の単勝「4800円」が的中★
4211
単勝 48.0×1000円=4万8000円
購入2万1500円 払戻4万8000円

セントウルSの【ハイブリッド新聞】&【コメント新聞】(無料)

結果は → 成績新聞

Hb_6

<阪神11Rセントウルステークスの結果>
1着.1番ビッグアーサー  (1人気)
2着.10番ネロ       (2人気)
3着.11番ラヴァーズポイント(9人気)