■アーリントンCを攻略するツボ■

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

一年で最初の阪神開催の開幕週で、内を立ち回れる逃げ&先行馬が有利。過去5年で4角4番手以内が7連対を占めている。その一方、勝ち馬はすべて上がり5位以内。基本的に逃げ&先行馬が有利だが、上位の上がりは要求される。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で後半「◎」は3連対も未勝利。HB「◎」は2勝2連対。前半「◎」は人気薄での好走が多め。過去を見ると上記のように「◎」印が目立つレース。

勝ち馬は薄目の印でも「後半」印入りからの選択。前走で重賞掲示板レベル+「◎」持ちならば頭まで考えておくべき。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番ボールライトニングは新馬戦、京王杯2歳Sを2連勝。朝日杯FSは中団から伸びず。

レース特記=「追って×」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《53》をマークした京王杯2歳Sがベストの距離。今回もマイルを克服できるかが最大のカギ。

「ハイブリッド指数」=《53》
4_2

15番ロワアブソリューは初戦で「ハイブリッド指数」=《40》超えをマークしており、きさらぎ賞の敗戦が力負けではない。

「ハイブリッド指数」=《42》
6_2

ただし、初戦は掛り気味でも押し切れたが、きさらぎ賞はスタート直後からムキになって走って失速。初騎乗のヴェロンJが折り合いをつけられるかどうか。前に壁を作れない外枠を引いたのは不安。

レース特記=「掛り気味」「ムキ走る

5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番アーバンキッドは新馬勝ちの後、ひいらぎ賞、ジュニアCと連続して2着。デビューから3戦すべて上がり最速をマークしている。

3戦すべて上がり最速をマーク

7_2

「推定後半3ハロン」1位。抜けた存在ではないが、チャンスのある1頭ではある。直線の長い阪神の外回りは向くはず。

「推定後半3ハロン」1位
2

7番シゲルノコギリザメはシンザン記念で逃げ粘って3着と好走。前後半34.8秒-36.0秒、前傾1.2秒のハイペースだったので、馬場、展開に恵まれただけではない。

前後半34.8秒-36.0秒、前傾1.2秒のハイペース
8_2

「推定前半3ハロン」1位。開幕週の絶好馬場ならダッシュ力が活かせる。

「推定前半3ハロン」1位
3

14番オデュッセウスはクロッカスSでシゲルノコギリザメに先着の2着。「ハイブリッド指数」は《50》を超えており、ハイレベルな一戦だった。

「ハイブリッド指数」=《53》
9_2

前走でも行きたがる面を見せていたので、距離延長はプラスとは言えない。

レース特記=「行たがる」
10_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番ヒルノマゼランは2走続けて「ハイブリッド指数」=《50》超えと優秀。3戦3連対と常に実力を発揮している。

「ハイブリッド指数」=《50》超え
11_2

デビュー3戦すべて4角4番手以内から、上がり4位以内をマークして連対。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5傑入り。

前後半5傑入り
4

6番レインボーラインはシンザン記念ではゴチャついて、内へモタレながらも、ジリジリとは伸びていた。

レース特記=「ゴチャ」「内モタレ」
12_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この舞台の千両賞で「ハイブリッド指数」=《51》をマークしており、実力的には上位とは大差がない。

「ハイブリッド指数」=《51》
13_2

11番ヒルノマゼランと並んで、「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに5傑入り。シンザン記念(6着)の敗戦だけで見限るのは早計か。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

M.デムーロJが騎乗する点は大いに魅力。この舞台でもルメールJと並んで、勝率、複勝率ともに高い。

該当コース騎手成績
6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

「ハイブリッド指数」が《50》前後だから、古馬500万下レベルでしかない。

「基準ハイブリッド指数」の《55》超えはゼロ
5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

結果は → 成績新聞

Hb_7

<阪神11Rアーリントンカップの結果>
1着.6番レインボーライン (4人気)
2着.12番ダンツプリウス  (9人気)
3着.15番ロワアブソリュー (7人気)