■アンタレスSを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

12年から阪神1800m戦へと変更。過去5年の勝ち馬は4角2番手が4頭。しかも、4頭が上がり2位以内をマークしている。

4角2番手→上がり2位以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年すべて「ハイブリッド指数」1番手が馬券絡み。勝ち馬の4頭が「推定前半3ハロン」5位以内、「推定後半3ハロン」4位以内に該当。好位から上位の上がりをマークするのが好走パターンといえる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

9番アウォーディーは名古屋大賞典を2番手から抜け出して圧勝。近2走は「ハイブリッド指数」=《70》を超えている。

近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え
2_5

ダートでは3戦すべて上がり最速をマーク。芝の重賞でも通用した末脚は上位。

ダートでは3戦すべて上がり最速

2_6

折り合いに不安がなく、レースぶりがスムーズなのも武器。

馬特記&レース特記=「R振スム」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」2番手、前後半5傑入り。あまり人気するのは微妙だが、今回も好勝負必至。

「ハイブリッド指数」2番手、前後半5傑入り
1

14番アスカノロマンはフェブラリーSの小差の3着と健闘。「ハイブリッド指数」は《75》と高い。

「ハイブリッド指数」=《75》
3_4

この馬も9番アウォーディーと同じく、レースぶりはスムーズ。

レース特記=「R振スム」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近3走は上位の上がりをマーク。

上がり5位以内
4_5

前後半5傑入りに該当している。先行力に加えて、末脚も鋭くなってきた。

前後半5傑入り=濃いオレンジ色で表示
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

3番ロワジャルダンもフェブラリーSで小差の5着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《74》
5_3

1800mは昨暮のチャレンジC以外、5戦すべて馬券絡み。距離延長は好材料。

「距離実績」=【3・1・1・1】
2

重賞勝ちの実績ある3頭が「基準ハイブリッド指数」を超えている。

「基準ハイブリッド指数」超えが3頭
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

1番クリソライトはダイオライト記念を逃げ切り勝ち。地方交流重賞のレベルは「ハイブリッド指数」も参考にしたい。

地方交流重賞の「ハイブリッド指数」

6_4

5番イッシンドウタイは総武Sで2着、マーチSで4着と善戦。「ハイブリッド指数」は《70》未満なので、相手強化のココでは厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《70》未満
7_2

6番ヴァンヌーヴォーは3走前に秋山J騎乗でマクって快勝。この馬が今回の展開のカギを握る可能性がある。

3走前のレース内容
9_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番シュウナンアポロンはマーチSを逃げ切り勝ち。ただし、1000mが63.3秒と遅く、展開に恵まれた感は否めない。

レースの1000m通過=63.3秒
レース特記=「展開向く」

4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番サージェントバッジ、14番センチュリオンは「ハイブリッド指数」はノーマーク。M.デムーロJ、ルメールJの腕で何処まで。

該当コース騎手成績
4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

5番サンマルデュークは近4走中で上がり最速を3回マーク。しかも、上がり2位に0.4秒差以上の断トツの上がりをマーク。

近4走中で上がり最速を3回
上がり2位に0.4秒差以上

10_2

追い込み一辺倒の脚質なので、展開がハマれば、馬券圏内なら可能か。

レース特記=「展開待ち」「展開不向」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

結果は → 成績新聞

Hb_7

<阪神11Rアンタレスステークスの結果>
1着.9番アウォーディー  (1人気)
2着.16番アスカノロマン  (3人気)
3着.2番サージェントバッジ(5人気)