■ヴィクトリアMを攻略するツボ■

Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年で4角3番手以内が3勝に対して、4角11番手以降も2勝。ペース次第で傾向が大きく変わる。

過去5年は展開次第
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ちなみに土曜の「上がり最速馬」は5クラ中、4連対。やはり上がりの速いタイプが優勢。

「上がり最速馬」=【1・3・0・1】
1

15番ヌーヴォレコルトは中山記念で牡馬相手に快勝。直線でゴチャついて、ロゴタイプと接触しながらも、狭い所を強引に割ってきた。

レース特記=「ゴチャ」
レース内容=「狭い所強引に割り切る」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デビュー戦で4着して以降の9戦はすべて3着以内。オープンで【3・3・1・0】の安定感は凄い。

「クラス成績」=【3・3・1・0】
2_3

今回は7番ケイアイエレガント、9番ベルルミエール以外は先行馬が少ない。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」ともに上位。スンナリ先行策を取ってくるはず。

「推定前半3ハロン」5位、「推定後半3ハロン」4位
2

4番レッドリヴェールは昨秋からローズS、秋華賞は距離が長かったか。

レース特記=「距離長」「距離○」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mは3戦3連対と得意としており、「追切指数」も《50》と高い。復調気配は感じる。

「距離実績」=【1・2・0・0】
「追切指数」=《50》

3

8番バウンスシャッセは福島牝馬Sで後方から差し切り勝ち。上がりの掛かる馬場が向いているので、上がりの速い東京は向かないか。

レース特記=「上が速×」「上が掛○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番カフェブリリアントは阪神牝馬Sで重賞制覇。「ハイブリッド指数」は《70》を超えており、決してフロックではない。

「ハイブリッド指数」3番手=2番カフェブリリアント
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【「推定後半3ハロン」ランキング】

どちらかといえば、時計の掛かる馬場が向いており、時計の速い馬場への対応がカギ。

レース特記=「荒馬場○」「芝重い○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】

17番ショウナンパンドラはエリザベス女王杯は外めの枠が不向き。大阪杯は渋った馬場が堪えたので参考外とみてよい。

レース特記=「渋馬場×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

秋華賞を1分57秒0のレコードで勝っており、ディープ産駒らしく、軽い芝の時計勝負は大歓迎。コース替わり、距離短縮で一変しても不思議ではない。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ストレイトガールは昨年ほどの道悪ではなかったが、全く伸びなかった。昨年は久々のマイル戦を克服しての0.1秒差の3着好走。ただし、6歳になって時計勝負では分が悪い。

レース内容=「中団後外、直線も外だが伸びてこれず」
11
*画像はPC版の【コメント新聞】

11番スマートレイアーは昨年は直線一気に最後方から差し切ったが、今年はジリジリとしか伸びず4着止まり。上がりも5位止まりは物足りない結果。一変できるかどうかは微妙。

阪神牝馬S=上がり5位
3_3

13番メイショウマンボは昨年のヴィクトリアM以来、5戦してすべて二桁着順。瞬発力を欠いているので、この馬も一変まではどうか。

レース特記=「集中力×」
12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ディアデラマドレは4走連続して上がり最速で、瞬発力に磨きがかかっている。

4走連続して上がり最速
4_2

マイラーズCは京都の開幕週のマイル戦とはいえ、上がり最速31.9秒は強烈。上がり2位のフィエロを0.6秒も上回った。

上がり最速(上がり2位に0.6秒差)
5_2

直線が長い東京が向くのは間違いなく、相当な瞬発力を秘めているのは確か。「推定後半3ハロン」は抜けて速く、先に抜け出した15番ヌーヴォレコルトを目がけて、ゴール前で一気に強襲するシーンはあり得る。

「推定3ハロン」断トツ1位=オレンジ色で表示
5

11年は「推定後半3ハロン」2位、1位、5位で決着したのを始め、全体的には上がりの速いタイプが優勢。今年も「推定後半3ハロン」上位馬が中心でよい。

「推定後半3ハロン」を重視
Photo_2

結果は → 成績新聞

Hb_15

<東京11Rヴィクトリアマイルの結果>
1着.5番ストレイトガール (5人気)
2着.7番ケイアイエレガント(12人気)
3着.18番ミナレット    (18人気)