■チューリップ賞を攻略するツボ■

Photo_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

過去5年すべて後半の方が速い後傾ラップとなっており、本番の桜花賞を意識して折り合いを重視するためか、ペースは全く上がらない。

ただし、11年レーヴディソール、12年ハナズゴール、14年ハープスターが上がり最速をマークして勝利しており、上位の上がりは必要となる。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定前半3ハロン」1位、「推定後半3ハロン」1位は過去3年で2頭ずつが馬券絡みしている。

1_4

15番レッツゴードンキは阪神JFで上がり2位をマークして2着。「ハイブリッド指数」も《57》と高く、勝ち馬が強過ぎただけ。

阪神JFで上がり2位をマーク
3_2

行きたがる面があるので、外枠は歓迎とはいえないが、乗り慣れた岩田Jなら問題ないはず。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番コンテッサトゥーレは新馬戦、紅梅Sを連勝。距離は1400mが向いているので、1ハロンの距離延長は不安材料。

レース特記=「距離○」
8_3

12番ロカは1人気に支持された阪神JFで8着、クイーンCで3着。「ハイブリッド指数」は《50》に満たないので、M.デムーロJの腕で何処まで。

「ハイブリッド指数」=《48》
7_2

7番コンテッサトゥーレと同様、「出遅れ率」が《100%》と高く、今回も出遅れる可能性が高い。

「出遅れ率」=《100%》
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

17番ブチコはダート替わりの近2走が圧勝。兄弟にもダートの活躍馬が並ぶ血統なので、芝替わりで割り引きが必要。

馬特記&レース特記=「ダ向き」
9_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番クルミナルは初戦のレースラップのラスト2F10.9秒-11.1秒、2戦目が11.2秒-11.5秒だから、ディープインパクト産駒らしい瞬発力を秘めているのは間違いない。

レースラップのラスト2F10.9秒-11.1秒、11.2秒-11.5秒
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エルフィンSの「ハイブリッド指数」が《55》だから、既に阪神JFと同程度のパフォーマンスを披露している。キャリアが2戦と浅く、まだ伸びシロが見込める。

「ハイブリッド指数」=《55》
6_2

「推定後半3ハロン」1位に該当。実績では15番レッツゴードンキの方が上だが、瞬発力は全くヒケを取らないはず。

「推定後半3ハロン」1位=3番クルミナル
H11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】 の「カラー版PDF」

結果は → 成績新聞

Hb_6

<阪神11Rチューリップ賞の結果> 1着.14番ココロノアイ (5人気) 2着.1番アンドリエッテ (7人気) 3着.15番レッツゴードンキ (2人気)